「自分魂」第2弾 コスプレ感覚でシャアのフィギュアになれる | アニメ!アニメ!

「自分魂」第2弾 コスプレ感覚でシャアのフィギュアになれる

ニュース グッズ

shaaok.jpg 自分の顔した仮面ライダー1号のフィギュアをオーダー出来ることで話題を呼んだ自分魂、その第2弾の発売日程が決まった。今回登場するのは、『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルである。
 自分の顔写真があれば、誰でも姿かたちそのままに「ガンダム」シリーズの中でもダントツの人気を誇るキャラクターのフィギュアになる。

 自分魂は大手玩具企業のバンダイのコレクター事業部が運営するウェブサイト「魂ウェブ」のオリジナル企画商品である。コンシュマーの写真を基にフィギュアを再現し、それを人気キャラクターとして制作する。
 第1弾では『仮面ライダー THE NEXT』バージョンの仮面ライダー1号を企画し、完全受注で3000個を生産した。税込み1万3650円とキャラクターフィギュアとしては高価格であるにもかかわらず大きな人気を集めた。

 今回はその第2弾として、やはり限定3000個と完全受注生産となる。自分の素顔のパーツだけでなく、マスクを装着したフルマスクバージョン、アイマスクバージョンと複数のパターンが楽しめる。さらにワイングラス、銃などの小物が付属、全高およそ18センチのフィギュアは、手や足などの関節がフル可動するため、様々なポージングでガンダムの世界観が楽しめる。
 販売予約は「魂ウェブ」でのみで受付ける。受付開始は10月16日から、実際の商品は2010年2月より発送開始する。商品が手元に来るまで少しばかり待つ必要がある。

 魂ウェブを運営するコレクター事業部は、玩具の中でもハイターゲット向けによりクオリティを追求した商品を届けることを目的とする。これまでにも懐かしのロボット玩具を復活させた超合金魂やロボット造形の最高峰目指すROBOT魂、極限までのディティールを再現するS.H. Figuartsなどのヒットシリーズを生み出している。
 自分魂もコアターゲットは20代から30代の男性としており、若い頃に楽しんだ作品を懐かしむこだわりのコンシュマーを狙っていることがわかる。コンセプト、造形ともますます進化するコレクター事業部の今後の展開も目が離せないだろう。
(c)創通・サンライズ

バンダイ /http://www.bandai.co.jp
「魂ウェブ」 /http://www.tamashii.jp/
「自分魂」 /http://jibundamashii.com

「自分魂 シャア・アズナブル」
発売日: 2009 年10月16日(金)受注受付開始
価格: 13650円(税込/送料別)
商品サイズ: 全高約18cm
素材: PVC、ABS
セット内容:
フィギュア本体、手首替えパーツ6 個、自分顔、フルマスク、ヘアパーツ、アイマスクセットパーツ、オリジナルフェイス、銃、ワイングラス、ネームプレート付スタンド
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集