海外コスプレイヤーが外務省訪問 コスプレサミットの健闘誓う | アニメ!アニメ!

海外コスプレイヤーが外務省訪問 コスプレサミットの健闘誓う

 世界15カ国から代表が集まる世界コスプレサミットが、今年も名古屋市内で開催される。世界コスプレサミットは2003年にスタート、今年で7回目を迎える世界規模のコスプレイベントだ。  コスプレは日本のアニメやマンガ、ゲームのキャラクターのコスチュームを着ること

ニュース
 世界15カ国から代表が集まる世界コスプレサミットが、今年も名古屋市内で開催される。世界コスプレサミットは2003年にスタート、今年で7回目を迎える世界規模のコスプレイベントだ。
 コスプレは日本のアニメやマンガ、ゲームのキャラクターのコスチュームを着ることで、自己表現する活動のことである。日本で生まれ、育ったが、現在は「Cosplay」の名称で世界中に広がっている。

 世界コスプレサミットは、毎年そのコスプレの世界一を決めるとの趣旨で行われている。世界各地の予選を勝ち抜いてきた各国代表が名古屋大須に集まり、8月2日のチャンピオンシップでコスプレ世界一を決定する。
 7月29日にはこのコスプレチャンピオンシップを前に、オーストラリア、ブラジル、中国、フィンランド4カ国の海外代表のコスプレイヤー、そして開催地元のアイドルSKE48の森紗雪さん、平田璃香子さんも加わって外務省を表敬訪問した。そして、コスプレを通じた海外文化交流をアピールした。

        wcs.jpg

 表敬を受けた外務省の広報文化交流部長の門司健次郎さんは、「外務省はポップカルチャーを文化外交にも積極的に活用しています」と話し、海外コスプレイヤーに世界コスプレチャンピオンシップを通じて日本ポップカルチャーの海外での人気を日本の方々へ伝えて欲しいと語った。
 外務省では『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『三國無双』、『宇宙海賊キャプテンハーロック』などのキャラクターとなったコスプレイヤーによる記念撮影や記者会見が行われた。

世界コスプレサミット2009 /http://www.tv-aichi.co.jp/wcs/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集