杉並アニメーションミュージアム ミニ展示会「岡本忠成展」開催 | アニメ!アニメ!

杉並アニメーションミュージアム ミニ展示会「岡本忠成展」開催

 現在、企画展『世界名作劇場展』を開催中の杉並アニメーションミュージアムは、6月14日から7月20日までもうひとつ別のミニ展示会を行う。アニメーション作家岡本忠成さんの作品を紹介する「岡本忠成展 ~色々なアニメーション 色々な可能性~」である。  展覧会では

ニュース
 現在、企画展『世界名作劇場展』を開催中の杉並アニメーションミュージアムは、6月14日から7月20日までもうひとつ別のミニ展示会を行う。アニメーション作家岡本忠成さんの作品を紹介する「岡本忠成展 ~色々なアニメーション 色々な可能性~」である。
 展覧会ではセルアニーションだけでなく、様々なスタイルで制作を続けた故岡本忠成さんの創作の世界を紹介する。普段とは異なるアニメーションを知る貴重な機会を提供する。

 岡本忠成さんは人形アニメーションを出発点に、和紙、毛糸、皮、粘土などアニメーション制作に様々な素材を取り込んだことで知られている。毎日映画コンクール大藤信郎賞をはじめ、国内外で数多くの賞を受賞してきた。
 代表作にはNHK みんなのうたで紹介された『メトロポリタン美術館』(1984)や『注文の多い料理店』(1991)、『花ともぐら』(1970)などがある。日本を代表するアニメーション作家と言って間違いないだろう。

 今回の展示では岡本忠成さん直筆の原画をはじめ、実際にアニメーションに使用されたものを展示する。まず平面的作品では、クレヨンやアクリルガッシュなどで描いた背景と伴にしたセル画や絵コンテ、キャラクター設定画を紹介する。
 また立体的作品では、実際にアニメーション制作に使われた人形を展示する。このほか杉板を使った半立体的なものやプラスチック、紙、布、和紙、毛糸などを使った作品も並ぶ。
 展示規模は必ずしも大きいものではないが、岡本忠成さんの制作資料がまとめて見ることの出来る機会はあまりない。特に日本のアニメーション史にある人はお薦めである。

杉並アニメーションミュージアム /http://www.sam.or.jp/

岡本忠成展
開催期間: 2009 年6月14日(日)~7月20日(月・祝)
所在地 : 杉並アニメーションミュージアム
入館料: 無料(岡本忠成展も入場無料)
主 催: 杉並アニメーションミュージアム
*休館日、開館時間は上記杉並アニメーションミュージアム公式サイトでご確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集