データカードダス ドラゴンボール改 完成披露体験会に5千人 | アニメ!アニメ!

データカードダス ドラゴンボール改 完成披露体験会に5千人

ニュース

 5月24日、東京・池袋サインシャインシティで開催された『ドラゴンボール改』のイベントに、およそ5000人ものファンが集まり大盛況となった。
 この日行われたのは「Dokkan!! ドラゴンバトラーズ完成披露体験会&CD発売記念 Dragon Soulスペシャルライブ!」である。イベントの目玉は、6月4日に稼動を開始する「データカードダス ドラゴンボール改 ドラゴンバトラーズ」の紹介と、『ドラゴンボール改』の主題歌を歌うDragon Soulのスペシャルライブだ。

 「データカードダス ドラゴンボール改 ドラゴンバトラーズ」は、人気商品の多いデータカードダスの中でも特に支持の高い『ドラゴンボール』シリーズの5作目にあたる。
 今年4月にスタートしたテレビアニメ『ドラゴンボール改』に合せて新発売となる。筐体に「神龍ヘッド」を搭載し、これまでにない新たなゲームシステムを実現した。会場では、「ドラゴンバトラーズ」で使えるプロモーションカード「PK-B001 孫悟空」が先行で配布され、ファンを喜ばせた。

       DB-kai.jpg

 完成披露体験会には悟空役や悟飯役の野沢雅子さんも駆けつけて、人気シリーズの新商品発売を盛り上げた。野沢さんはアニメ『ドラゴンボール改』のアフレコ現場でのエピソードや、ドラゴンボール作品への熱い思いを語った。
 そして、「ドラゴンボールを7個集めたらどんな願いを叶えたいですか?」の質問には、「世界中の人達にアニメ ドラゴンボール改やドラゴンバトラーズで楽しんでもらえたら」と答えた。『ドラゴンボール改』や『ドラゴンバトラーズ』でより多くの子供たちが楽しんで欲しいとの応援となった。

 一方、Dragon Soulこと谷本貴義さんと岩崎貴文さんは、既にテレビでお馴染みのオープニングテーマ「Dragon Soul」を熱唱。
 「Dragon Soul」は5月20日にCDも発売されたばかりで、会場は『ドラゴンボール改』の番組と同様に大きな盛り上がりをみせた。

 「ドラゴンボール改 ドラゴンバトラーズ」は、6月4日の稼動に合せた大型キャンペーンも行う予定だ。完成披露体験会でも配布したプロモーションカード「PK-B001 孫悟空」を店頭で限定配布する。
 また、「キャッチ・ザ・バブルスキャンペーン」も実施する。筐体出されるカードのうち、シリアルナンバーつきのカードを集めると、特製バインダーが貰える。
 さらにカバーデザインを一新したジャンプコミックス「DRAGON BALL」を購入すると、先着順でプロモーションカード「PJ-B003 孫悟飯」をプレゼント。また主題歌「Dragon Soul」CD完全限定版にも「PC-B001 孫悟空」のカードが同梱されているなど、様々なシーンでプロモーションカードが配布される。

データカードダス ドラゴンボール改 ドラゴンバトラーズ 公式サイト
/http://www.dcd-dbz.com/campaign/kai_pre.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集