「東のエデン」第7話 平均視聴率5.0%に TV最終回向け快調 | アニメ!アニメ!

「東のエデン」第7話 平均視聴率5.0%に TV最終回向け快調

 フジテレビ「ノイタミナ」などで放映されているテレビアニメ『東のエデン』が快調だ。4月9日に放映された初回の平均視聴率が4.8%を記録した後も、同時間帯トップを連発する好視聴率を維持している。  5月21日に放映された第7話では、遂に平均視聴率が5%に達した。

ニュース
 フジテレビ「ノイタミナ」などで放映されているテレビアニメ『東のエデン』が快調だ。4月9日に放映された初回の平均視聴率が4.8%を記録した後も、同時間帯トップを連発する好視聴率を維持している。
 5月21日に放映された第7話では、遂に平均視聴率が5%に達した。最高視聴率は5.7%、同時間帯の占拠率22.2%という好調振りである。放映時間は24時45分からと深夜24時を回っている。深夜アニメとしては、異例の高視聴率と言っていいだろう。

 番組の人気の秘密は強力な制作スタッフ陣に加えて、次から次へと現われる謎である。一度観だすと次週が気になって、続けて観ないわけに行かなくなるからだ。
 全11話を予定しているその本編も、次回第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」で早くも終盤へ向かう。物語では滝沢朗の失われた記憶の謎を探るべく、「東のエデン」メンバーが動き出す。

 また、番組の人気は、テレビの外にも拡大している。放送と同時に開始した番組連動型携帯ゲーム「JUIZ CALL」の登録者が、1万3000人を突破した。
 「JUIZ CALL」は、番組の中で登場する100億円を使用出来る携帯電話にコンセプトを得ている。100億円の消費を競うユニークな携帯ゲームである。テレビをはじめ『東のエデン』に関わる様々なシーンで登場する番号を入力することで、参加が出来る謎解きゲームにもなっている。

 テレビ番組としての放映は残り1ヶ月程度だが、物語はその後もまだまだ続く。テレビシリーズ完結後は今冬テアトル新宿ほかにて、その先の新たな物語を描く劇場版が公開される。
 また7月29日には、DVDとBlu-Ray Disc第1巻も発売される。この初回限定版には、書き下ろしのアナザースト―リー短編小説が収録されたブックレット、さらにテレビの前日譚にあたるドラマCD「東のエデン END OF THE EAST 第0話『創園篇』」が付く。いずれも『東のエデン』の世界をさらに広げるものだ。
*上記視聴率はいずれも関東地区・ビデオリサーチ調べ

『東のエデン』 公式サイト /http://www.juiz.jp
毎週木曜24時45分~フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送中

        EOE1.jpg
        EOE2.jpg
         (c)東のエデン製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集