「こんにちは アン」 4月放送開始に向けて注目高まる | アニメ!アニメ!

「こんにちは アン」 4月放送開始に向けて注目高まる

ニュース アニメ

 4月からのBSフジをはじめに、いよいよ『こんにちは アン~Before Green Gables』のテレビ放映が始まる。この番組開始を前に、様々なイベントが盛り上がっている。人気シリーズの世界名作劇場の中でも特に大きな支持を集める『赤毛のアン』の前日譚を物語にすることもあり、その注目度は抜群だ。
 既にアフレコ収録も始まり、オープニングとエンディングを歌う井上あずみさんも交えた主題歌収録は2月に終了した。さらに、3月21日には、完成したばかりの第1話試写と舞台挨拶も行なわれている。

        azumisan.jpg

 この完成試写会には谷田部勝義監督とアン役の日高里菜さん、井上あずみさんも参加した。そして、放映間近の作品への思いを来場者に語った。
 谷田部監督は、「本作は、全部で39話を制作。物語は6歳のアンからスタートし、9歳~11歳頃のアンを中心に「成長するアンの姿」を描き上げようと思っています。」とこれまで馴染みの深い『赤毛のアン』の前にあたる物語をうまく本編につなげて行きたいと話した。
 そして、「みなさんの想像を裏切らないような作品作りを心がけながら日々製作へ勤しんでいます。」と『赤毛のアン』のファンの気持ちを大切にする様子である。

annaisatu.jpg 日高里菜さんは原作も読み込んでおり、「アンは健気で一生懸命で可愛い子。わたしが演じるうえで、「みなさんのイメージを崩さないようにしないと」ということを心がけながら、毎回演じています。」とその一生懸命演じている様子を紹介した。

 また井上あずみさんは、主題歌『ヒカリの種』とエンディング歌『やったね♪マーチ』について聞かれると「わたしも『赤毛のアン』はもちろん、『こんにちは アン~Before Green Gables』も大好きな作品なんです。その主題歌を歌わせていただけるということで、わたし自身も"初心に帰った気持ち"で歌いました。」と話す。
 「これからも、いろんな場所で今回の楽曲を歌っていくと思いますが。歌っているわたし自身が元気をいただけるよう。こういう暗い時代ですから、少しでもみんなに元気を与えていける楽曲になれたら嬉しいですね。もちろん、「家族みんなで歌ってもらえる作品になれればな」とも思っています。」と思い入れたっぷりだった。

 また、3月18日から開催されていた東京国際アニメフェア2009でも、作品は日本アニメーションのブースにて、旧作『赤毛のアン』と共に大きく紹介されていた。この東京国際アニメフェアでは、開催4日目に、ステージイベントも開催されている。
 11時半から12時まで行なわれたイベントでは、主題歌を歌う井上あずみさん、日高里菜さんが登場した。井上さんはオープニングとエンディングを披露した。また、谷田部勝義監督も参加して、これから始まる『こんにちは アン』について楽しい話しで盛り上がった。

        akagenoann.JPG

『こんにちは アン~Before Green Gables』 公式サイト 
/http://www.nippon-animation.co.jp/before_GG/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集