手塚治虫特集番組 NHKで続々登場 1月30日は音楽をテーマ | アニメ!アニメ!

手塚治虫特集番組 NHKで続々登場 1月30日は音楽をテーマ

ニュース

 昨年11月3日に生誕80周年を迎えたマンガ家手塚治虫氏に対する注目が高まっている。マンガやアニメの海外進出が話題になる中、クリエイティブの原点にあたる手塚氏の業績に関心が集まっているからだ。
 こうしたなかNHKで、手塚治虫氏の関連番組が相次いでいる。こうした番組のひとつ プレミアム10「手塚治虫 漫画 音楽 そして人生」が、1月30日金曜日、総合テレビとデジタル総合で22時から23時12分まで放映される。

 「手塚治虫 漫画 音楽 そして人生」は、マンガ、アニメに加えて、音楽の世界から手塚治虫の世界に迫るものとなる。番組中ではアニメの主題歌や生前の秘話、貴重な映像が多数盛り込まれる。
 手塚アニメになくてはならない作曲家の冨田勲さんのほか、山下達郎さん、坂本龍一さん、中島美嘉さんら多数の音楽家が出演する。また、手塚治虫氏の母校である大阪大学交響楽団を指揮する『ジャングル大帝』を演奏する。
 このほか『鉄腕アトム』、『ワンダー3』、『マグマ大使』、『悟空が好き好き』、『リボンの騎士』、『どろろの歌』、『ふしぎなメルモ』、『海のトリトン』など、お馴染みの曲、懐かしい曲が次々に登場する。手塚治虫氏ともゆかりの深い宝塚出身真矢みきさんが、番組を案内する。

 また、2月からはNHK BS20周年企画の大型シリーズ番組として「手塚治虫2009 ~いのち・科学・未来へGO!」が8ヶ月にわたり放映される。時代の最先端で活躍する著名人をスタジオに招き、手塚を通して現代社会の抱える問題に迫る。
 2月8日からはオープニングスペシャルとして、5日間連続でBS2で関連番組を放映する。2月8日13時からは「手塚治虫のすべて(仮)」で、過去にNHKが制作した手塚治虫関連番組を集中放映する。2月9日から4日間は、毎日21時から「手塚治虫・現代への問いかけ」を放映する。

 既に放映を終了した番組では、昨年10月に『鉄腕アトム』を原作にハリウッドで映画化される『AstroBoy』を取り上げた「日本とアメリカ 第2回 日本アニメ vs ハリウッド」や、昨年12月と今年1月に放映された「アトムの世紀~夢のロボット開発に挑む科学者たち~」などがある。
 「日本アニメ vs ハリウッド」は、海外でリメイク化される『鉄腕アトム』の密着取材で日本アニメと海外の関係を探ったものである。
 「アトムの世紀」は異色の番組で、フランス人監督で映画『ロスト・チルドレン』や『デリカテッセン』の監督マルク・キャロ氏が制作した。番組は人間型ロボットの開発で世界有数の技術を持つ日本の科学者の原点に、『鉄腕アトム』があるとの指摘である。原題は『ASTROBOY IN ROBOLAND』だ。

NHK /http://www.nhk.or.jp/

/">プレミアム10「手塚治虫 漫画 音楽 そして人生」
 
放送: 総合/デジタル総合
放送日: 2009年 1月30日(金
放送時間: 午後10:00~午後11:12(72分)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集