「ONE OUTS―ワンナウツ―」DVD-BOX第1弾 3月18日発売 | アニメ!アニメ!

「ONE OUTS―ワンナウツ―」DVD-BOX第1弾 3月18日発売

ニュース

oneout.jpg プロ野球を舞台にギリギリの深層心理を描く野球マンガをアニメ化した『ONE OUTS―ワンナウツ―』が、早くもDVD-BOXで登場する。この『ONE OUTS ―ワンナウツ― DVD-BOX First』の発売日は3月18日、税込21840円で、最初の1クール、全13話312分を収録する。
 番組は現在も日本テレビ系で放映されているが、今回はBOX第1弾である。6月24日には第2弾『ONE OUTS ―ワンナウツ― DVD-BOX Last』も発売される。

 原作『ONE OUTS―ワンナウツ―』は、集英社「ビジネスジャンプ」で、1998年から2006年に連載された。原作者の甲斐谷忍さんは綿密な物語設定に定評があり、現在『LIAR GAME』でも人気を博している。
 作品はプロ野球を舞台に、主人公である渡久地東亜らがギリギリの深層心理戦でぶつかり合う。異色の心理エンターテインメントアニメである。

 物語は実力がありながらも一度も優勝をしたことがないという不運の天才打者埼京彩珠リカオンズの児島弘道が、ワンナウトと呼ばれる賭け野球で無敗を誇る伝説の男 渡久地東亜を出会うところから始まる。
 二度のワンナウト勝負の末、気力で勝利を手にした児島は、東亜にリカオンズ優勝への光明を見出し、チームにスカウトする。そしてこの東亜の入団が、万年Bクラスの弱小球団埼京彩珠リカオンズの運命を大きく変える。

 「主人公が努力をしてチームを優勝に導く」従来の野球マンガの常識をくつがえし、そこにある一瞬一瞬のゲームが作品の見せ場となっている。アニメ化は『逆境無頼カイジ』、『闘牌伝説アカギ』などを手掛け、勝負師を描かせれば超一流の佐藤雄三監督が指揮を執る。さらにシリーズ構成を、こちらも両作品に参加した高屋敷英夫さんが行なう。
 制作はこれまで数々の名作アニメを創り出してきたマッドハウスである。一流のスタッフ陣が原作同様の緊迫感を盛り上げる。
     (c)甲斐谷忍/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

『ONE OUTS―ワンナウツ―』 公式サイト /http://www.ntv.co.jp/oneouts/

『ONE OUTS ―ワンナウツ― DVD-BOX First』
2009年3月18日発売 21840円
4枚組/13話収録、約312分/カラー、ステレオ、ドルビーデジタル、片面1層、16:9
発売元:バップ
「ONE OUTS ―ワンナウツ― DVD-BOX Last」 2009年6月24日発売予定
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集