「のだめカンタービレ巴里編」 2009年秋に続編決定 実写映画も | アニメ!アニメ!

「のだめカンタービレ巴里編」 2009年秋に続編決定 実写映画も

ニュース

 現在、フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放映中の『のだめカンタービレ巴里編』の続編が、来年秋から同じノイタミナほかで放映されることが決まった。
 『のだめカンタービレ巴里編』は、2007年に半年間にわたって放映された『のだめカンタービレ』の続編である。

          nodame2.jpg
         (c)二ノ宮知子・講談社/のだめカンタービレ2製作委員会

 今回はそのさらなる続編で、シリーズ3作目となる。ノイタミナのなかで作品がシリーズ3作目までに及ぶのは初めてである。
 『のだめカンタービレ』は、これまで2007年の最初のシリーズが全23話、現在放映中の『巴里編』が全11話を予定している。新たな続編で作品は、全体で40話を超える長編シリーズとなる。

 こうした続編は、『のだめカンタービレ』の高い人気が理由である。現在放映中の『巴里編』では、12月4日に深夜アニメでは過去10年間最高の6.6%の視聴率を記録している。また、原作マンガ、音楽CDなど関連商品の販売も好調である。
 2006年にテレビ放映された実写ドラマも好評で、現在も再放送が行われている。さらにこの実写ドラマも、映画化されることが決定した。映画は2010年冬、そして春と2本立て続けに公開される。現在の「のだめ」ブームは、再来年の春まで続くことになりそうだ。

 ノイタミナはこれまでも、今後の番組企画を通常のアニメに較べて早めに発表する傾向がある。今回の発表で、来年1月からの『源氏物語千年紀 Genji』、4月からの『東のエデン』、さらに秋からの『のだめカンタービレ巴里編』の続編と既に1年近く先まで予定が決まっていることになる。
 また、その作品も王朝絵巻から完全新作オリジナルの『東のエデン』、そして人気作品の続編とバリエーションに富んでいる。人気作の続編で手堅くまとめる一方で、意欲的なオリジナル作品が並ぶような、しばしば視聴者を驚かせてきた挑戦的なライナップがシリーズ成功の秘密かもしれない。

「のだめカンタービレ巴里編」 公式サイト /http://www.nodame-anime.com/
「源氏物語千年紀 Genji」 公式サイト /http://genji-anime.com/
「東のエデン」 公式サイト /http://www.juiz.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集