杉並アニメーションミュージアムで石ノ森章太郎展 11月26日から | アニメ!アニメ!

杉並アニメーションミュージアムで石ノ森章太郎展 11月26日から

ニュース

 今年で生誕70周年を迎えた石ノ森章太郎氏を特集する展覧会「石ノ森章太郎展~石ノ森アニメの世界~」が、本年11月26日から2月22日まで東京・杉並アニメーションミュージアムで開催される。
 石ノ森氏1954年にデビュー、それ以後数多くの漫画作品を創造し続けてきた。また、漫画を「どんなものでも表現できる」万画(よろずが)、「萬画」と称した。

 マンガとアニメの密接なつながりにより、石ノ森作品にもアニメ化されたものは数多い。そこで今回は、石ノ森氏のアニメ関わる部分にスポットをあてた企画展とする。
 展示コーナーをサイボーグ009コーナー、スタジオゼロ作品コーナー、仮面ライダーコーナー、そのほか石ノ森アニメコーナーに分け、 原画、セル画、台本など150点が展示される。特に度々アニメ化され人気の高い『サイボーグ009』を中心に、石ノ森章太郎氏の萬画とアニメの歴史をふり返る。

 また期間中は『サイボーグ009』など、白黒アニメ時代から2000 年代に発表された作品まで、多彩な石ノ森アニメを上映する。2001 年版の『サイボーグ009』全48 話一挙上映などが注目だ。
 さらに2008年12月20日と2009年2月14日の2回にわたり石ノ森氏に関連したトークイベントを行う。12月20日「石ノ森章太郎を語る」では、水野英子氏や丸山昭氏、鈴木伸一氏らが石ノ森章太郎氏について語る。
 2月14日は「サイボーグ009 に魅せられて」。1979年のテレビアニメ版『サイボーグ009』を、高橋良輔監督とアニメーター芦田豊雄氏がゲスト出演しトークを行う。

杉並アニメーションミュージアム /http://www.sam.or.jp/
石森プロ /http://www.ishimoripro.com/

「石ノ森章太郎展~石ノ森アニメの世界~」

開催期間: 2008年11月26日(水)~2009年2月22日(日)
杉並アニメーションミュージアム
入館料: 無料
主催: 杉並アニメーションミュージアム
協力: 東映、東映アニメーション、東映ビデオ、渡辺企画、角川書店、バンダイ、スカルマン製作委員会、サイボーグ009 製作委員会、石ノ森章太郎ふるさと記念館、石ノ森萬画館、石森章太郎プロ
企画・制作: 石森プロ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集