「紅」 DVDシリーズ リリース開始 第1巻は7月16日発売 | アニメ!アニメ!

「紅」 DVDシリーズ リリース開始 第1巻は7月16日発売

ニュース

kurenai_sell1.jpg 『ローゼンメイデン』、『RED GARDEN』で知られる松尾衡監督の最新作『紅』のDVD第1巻が7月16日にリリースされる。
 同作は片山憲太郎さんによる集英社スーパーダッシュ文庫の小説、山本ヤマトさんのマンガとメディアミックスされた作品。

 高校生揉め事処理屋・紅真九郎と、同じ学校に通う夕乃や銀子、揉め事処理屋の先輩である紅香と弥生、そして真九郎の住むアパート「五月雨荘」住人の環、闇絵といった個性の強い女性キャラクターたちが次々登場し、物語を彩っていく。
 DVD第1巻では、九鳳院家から逃走した7歳の令嬢・紫と、高校生揉め事処理屋・紅真九郎との出会いを描いた第一話「極夜」、そして二人の距離が一気に縮まっていく第二話「溝と流れと」を収録する。

 本作の特徴は、一般的なアニメで行われるアフレコとは違い、プレスコで収録されていることである。事前に音声を収録し、そこに絵を合わせることは手間と時間がかかる作業であるが、役者の細かな芝居や息づかい、時には沈黙すらも画面で表現することができる。
 また、ほぼ全編にわたり松尾監督が絵コンテを描き、多くの話数で脚本と演出を担当するなど、松尾監督のスタイルが色濃く表れた作品である。この春の新番組の中でも批評家からの評価が高い作品である。

 DVDの特典にはそんな制作の様子の一端を見る映像や資料が多く含まれている。全巻共通の映像特典では、実際プレスコ現場で収録されながら、本編で使用されなかったシーンやセリフを、収録時にスタジオで使用されたコンテ撮映像で紹介する。松尾監督自身が各シーンに解説をつけるという凝りようだ。
音声特典は、キャスト、スタッフによるオーディオコメンタリーを全話収録する予定。第1巻では、紫役の悠木碧さんと、松尾監督が登場する。
 このほか、初回盤にはキャラクター設定、こだわりの美術設定を収録した設定資料集が付く。また、毎巻の初回盤には原作イラスト・山本ヤマトさん描き下ろしによる紫のスリムポスターが付属する。

アニメ 『紅』公式サイト /http://www.samidareso.com

kurenai_sell1_book.jpg『紅』第1巻(全6巻)
発売日: 7月16日(以降毎月1タイトルリリース・各巻2話収録)
税込価格: 4935円(税込)
初回特典: 設定資料集(48ページ)
全巻初回特典:山本ヤマト描き下ろしイラスト使用 紫スリムポスター(515mm×182mm)
全巻共通特典:
 ・キャラクターデザイン石井久美描き下ろしジャケット
 ・スーパージュエルボックスケース仕様・ピクチャーレーベル
 ・8ページブックレット封入
 ・映像特典 本編未収録シーン(コンテ絵+プレスコ音声)
 ・音声特典 キャスト、スタッフによるオーディオコメンタリー(全話予定)
                                    (C)「紅」制作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集