実写のニュース記事一覧(3 ページ目) | レビュー | アニメ!アニメ!

レビュー 実写 ニュース記事一覧(3 ページ目)

映画評 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 画像
レビュー

映画評 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

文;氷川竜介(アニメ評論家)

映画評 『東のエデン 劇場版 The King of Eden』 画像
レビュー

映画評 『東のエデン 劇場版 The King of Eden』

文;氷川竜介 (アニメ評論家)

映画評 『マイマイ新子と千年の魔法』 画像
レビュー

映画評 『マイマイ新子と千年の魔法』

私がこよなく愛する映画の1本に片渕須直の初監督作品『アリーテ姫』がある。一見してファンタジーの枠組みにあるような設定や道具立てを用意しながら、想像力豊かな少女の前にすべては相対化され、作りこまれたディテールから驚くべき世の実相が浮き彫りになる。それと

レビュー

"FORS"の高品位でクリアな映像と音声

『幻魔大戦』Blu-ray Disc化記念   りんたろう監督に聞く作品のみどころと最新作

『幻魔大戦』りんたろう監督インタビュー 画像
レビュー

『幻魔大戦』りんたろう監督インタビュー

『幻魔大戦』Blu-ray Disc化記念   りんたろう監督に聞く作品のみどころと最新作

『よなよなペンギン』りんたろう監督インタビュー 画像
レビュー

『よなよなペンギン』りんたろう監督インタビュー

『幻魔大戦』Blu-ray Disc化記念   りんたろう監督に聞く作品のみどころと最新作

『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果 (1) 画像
レビュー

『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果 (1)

注目すべきプロモーションアニメの新トレンド     『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果

『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果 (2) 画像
レビュー

『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果 (2)

注目すべきプロモーションアニメの新トレンド     『無限航路』に見るゲームとアニメの相乗効果

「崖の上のポニョ」 歪んだ物語が心を捉える 画像
レビュー

「崖の上のポニョ」 歪んだ物語が心を捉える

 なんとも奇妙に歪んだ作品、『崖の上のポニョ』を最初に観た感想だ。1時間41分の物語は、映画が本来必要とするフォーマットをことごとく逸脱しているからだ。  ないない尽くしと言っていいだろう。物語は山場らしい山場がなく、絶えずゆるゆると次の場面へつながって

「河童のクゥと夏休み」 何度も何度も涙がこぼれる 画像
レビュー

「河童のクゥと夏休み」 何度も何度も涙がこぼれる

byミルミル

ポケモン映画10周年 あまりにもかっこよすぎるダークライ 画像
レビュー

ポケモン映画10周年 あまりにもかっこよすぎるダークライ

byミルミル

STUDIO4℃「Genius Party<ジーニアス・パーティ>」 画像
レビュー

STUDIO4℃「Genius Party<ジーニアス・パーティ>」

STUDIO4℃の魅力とは?  『Genius Party<ジーニアス・パーティ>』はSTUDIO4℃の作品である。昨年の劇場作品『鉄コン筋クリート』がおそらく最も世に知られるSTUDIO 4℃の作品となったが、過去の作品はどれも玄人好みの、カッティングエッジな作品である。その特徴

『立喰師列伝』はエンタテイメント作品である 画像
レビュー

『立喰師列伝』はエンタテイメント作品である

 押井守監督の新作映画『立喰師列伝』の劇場公開が、4月8日から始まった。公開を喜ぶと同時に、僕は映画『立喰師列伝』の微妙なポジションに少しばかり心配を感じる。この映画を観ない多くの人が、この映画を誤解するかもしれないという不安である。  低予算映画、押

星をかった日 ジブリらしさ溢れる短編映画(1/30) 画像
レビュー

星をかった日 ジブリらしさ溢れる短編映画(1/30)

 今年の1月より三鷹の森ジブリ美術館は、3つの新作短編アニメをジブリ美術館限定で公開している。現在公開されているのは、『水グモもんもん』、『やどさがし』、『星をかった日』の3作品である。それぞれの作品は、アニメの質感も、物語のテーマも大きく異なっている

鋼の錬金術師‐シャンバラを往く者‐ 画像
レビュー

鋼の錬金術師‐シャンバラを往く者‐

 テレビ放映で人気になり劇場展開されるアニメ作品の多くが、これまでのファンに対するサービス精神に溢れている。人気キャラクターの総出演や人気アーティストによる主題歌、あるいは劇場公開に先立つ舞台挨拶などもこれに入れていいかもしれない。  8月に公開され

劇場アニメとテレビアニメ 画像
レビュー

劇場アニメとテレビアニメ

 『劇場版鋼の錬金術師‐シャンバラを往く者‐』の興行が好調な出足を見せている。これは、この春公開された『劇場版機動戦士Zガンダム‐星を継ぐ者‐』の予想を越える好調ぶりと合せて大人向けの劇場アニメの現状について考えさせられる。 それはまた、昨年やはり大人

『ベルヴィル・ランデブー』フランスアニメのポジション 画像
レビュー

『ベルヴィル・ランデブー』フランスアニメのポジション

 『ベルヴィル・ランデブー』を観てきた。『ベルヴィル・ランデブー』は、フランスのアニメーションである。正確に言えばカナダ、ベルギーとの合作なのでフランス語圏のアニメーションといえる。現在、日本で劇場公開中だが話題になることが少ない。しかし、このアニメ

アニメ映画と実写映画 画像
レビュー

アニメ映画と実写映画

 米国の大作アニメーション映画『ポーラエクスプレス』の公開後の興行収入が思わしくなく、早くもその巨額の制作費を回収出来ない可能性が懸念されている。しかし、『ポーラエクスプレス』のオープニング週末の数字は『Mr.インクレディブル』に開けられているとはいえ

新訳『Zガンダム』は新たな名作になる 画像
レビュー

新訳『Zガンダム』は新たな名作になる

 10月17日(土)に東京ファンタステック映画祭でプレミア上映された『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-』を観た。正直、もの凄く興奮している。予想以上の出来であった。素晴らしいと賛辞を与えるに相応しい作品だ。全てが想像を上回る完成度であった。ラストシーンのシ

『逆襲のシャア』の逆襲 画像
レビュー

『逆襲のシャア』の逆襲

  先日読んでいた押井守氏の『すべての映画はアニメに変わる』の中に『シャアは富野作品の究極の悪役』という文章があった。その文章が僕の興味を惹いたのは、押井守氏と富野由悠季監督という組み合わせの意外感であった。押井氏は商業色の強い作品は嫌いなのではない

スチームボーイを振り返る 画像
レビュー

スチームボーイを振り返る

 『スチームボーイ』の劇場公開が9月3日で終わった。製作8年、総制作費24億円をかけた大作アニメだったが、世間的な評価は、まさに賛否両論であった。良質なエンターテイメントと評価する人がいる一方で、ありきたりで面白くないとの評価も多数見られた。特に、ヘビー

超人ロックの懐かしさ 画像
レビュー

超人ロックの懐かしさ

 最近、アニメのビデオを買いにまんだらけによく行く。本当は、収納の問題もあるからDVDの方が良いのだが、なにしろ中古のビデオは安い。この安さを見ると、見るだけならビデオでしょ!と思ってそっちに流れるしかない。  なにしろ、1枚3000円、4000円、5

アップルシードは大傑作アニメ 画像
レビュー

アップルシードは大傑作アニメ

 現在劇場公開中の『アップルシード』を観に行った。実は5月1日が映画の日で、1,000円で観られるというのが最大の理由だ。そして、1,000円なら観るよというのは、僕的には、アップルシードにあまり期待していなかったことの現われでもある。ところが、この作品かなり面

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 3 of 3