<物語>シリーズヒロイン本第4弾“千石撫子” マンガ企画「キミとなでっこ!」に注目

ニュース 話題

アニメ<物語>シリーズに登場したヒロインを徹底してフォーカスして好評のヒロイン本の第4弾が、2014年1月31日に発売される。これまで羽川翼、八九寺真宵、忍野忍と3冊続けて刊行されてきたが、4冊目にピックアップされたのは、千石撫子である。
「なでこスネイク」「なでこメドゥーサ」などに登場するキャラクターで、暦の妹の月火の幼馴染だ。蛇に巻きつかれた少女として、怪異に巻き込まれるという役どころである。

本書のみどころは、ヒロイン本で恒例の企画となった原作者・西尾維新さん書き下ろしスペシャル企画だ。今回は、なでこ自身が描いたというヒミツのマンガ「キミとなでっこ!」の掲載がそれだ。
12月28日に放送されたアニメ「<物語>シリーズセカンドシーズン 恋物語」の最終話のラストシーンで、実はなでこは漫画家になる夢を持っていたことが明らかになる。全体で11Pでフルカラーfr構成される「キミとなでっこ!」は、内気ななでこが誰にも内緒で描きつづってきたそのマンガであるという。これを西尾維新さんが書き下ろした。
作画は、『わたしに××しなさい!』や『GDGD-DOGS』を手掛ける遠山えまが手がける。本作は本編にも登場し、詐欺師の貝木泥舟が「とろけるようなご都合主義のラブコメ」と評した。この完全版に注目したい。

このほかにも楽しく、気になる記事が盛り沢山である。なでこの名場面集やイラストギャラリー、声を演じた花澤香菜さん、主題歌「その声を覚えてる」を担当した河野マリナさんのインタビューを収録する。
さらにマンガ家・羽海野チカさんと西尾維新さんの対談もある。話題作を生み出し続けるふたりの作家が何を語ったを確認したい。

『アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ肆 千石撫子』の発売日となる1月31日は、西尾維新さんの『終物語(中)』の発売日とも同日だ。2冊同時に購入するファンも多そうだ。

『アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ肆 千石撫子』
発売日: 2014年1月31日 
 撫子の漫画「キミとなでっこ!」(作:西尾維新 漫画:遠山えま) フルカラー11P
 対談 羽海野チカ×西尾維新
 インタビュー 花澤香菜(千石撫子役) 河野マリナ(主題歌「その声を覚えてる」)
 なでこ名場面集、イラスト集、なでこフィギュアギャラリー
《animeanime》

関連ニュース

特集