池袋・乙女ロードに新名所「アニメイトサンシャイン」とは? コスプレ衣装、スタジオからカフェまで

ニュース 話題

2012年に移転してリニューアルオープンをしたアニメイト池袋本店は、アニメやゲーム、マンガなどのファンたちに人気を集めている。ポップカルチャー関連のショップが多い池袋地区の新たな注目スポットとして、人の流れも変える勢いだ。
一方で、忘れていけないのは、旧アニメイト池袋本店だ。サンシャインシティの正面に構える店舗は、乙女ロードと呼ばれる、女性ファン向けのショップが集まる人気エリアのフラッグシップ的存在だ。それが「アニメイトサンシャイン」の名前で装いも新たになっている。この11月には、いよいよ全館オープンとなり、そのパワーもアップした。

「アニメイトサンシャイン」の特徴は、乙女ロードの入口に相応しく、女性ファン重視を打ち出していることだ。お店のフロアー構成も、女性がうれしくなるショップ、商品が並んでいる。
道路に面した1階から3階までは、コスプレグッズを一堂に取り揃えたコスプレショップ「ACOS池袋本店」、4階は中古キャラクター衣装とドール関連グッズの「らしんばん池袋本店衣装館」、5階から6階はコスプレ撮影に特化したコスプレ・アミューズメント・スタジオ「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」が構える。さらに7階から8階は「アニメイトカフェ池袋」、だ。アニメイトでは、「コスプレグッズを買う」、「コスプレグッズを売る」、「コスプレ撮影をする」、「カフェで楽しむ」がトータルで体験出来るrスポットとしている。

3フロアーにも及ぶ「ACOS」は、アニメイトのコスプレショップである。コスプレ衣装だけでなく、演劇やコスプレ用の化粧品さらに、レプリカ武器などのサポートアイテム、ウィッグまでを取り扱う。初心者から上級者までが対象だ。
らしんばん池袋本店 衣装館は、中古衣裳の買取と販売の専門店。「HACOSTADIUM cosset」は、コスプレ撮影に特化したスタジオである。池袋にいながら教室、部室から廃墟、お菓子の家、アンティークな様々なシチュエーションの参加が可能となっている。

アニメイト池袋本店、アニメイトカフェ池袋、そしてアニメイトサンシャインの3つの拠点は、ぞれぞれの特徴を活かし、今後も池袋カルチャーの拡大に大きな役割を果たしそうだ。

アニメイトサンシャイン
/http://www.animate.co.jp/special/sunshine/
《animeanime》

関連ニュース

特集