「ダイヤのA」The LIVEIII、”野球愛”で熱い舞台に!高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 | アニメ!アニメ!

「ダイヤのA」The LIVEIII、”野球愛”で熱い舞台に!高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評

連載・コラム

(C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会
  • (C)草凪みずほ/白泉社・舞台『暁のヨナ』製作委員会撮影/洲脇理恵(MAXPHOTO)
  • (C)草凪みずほ/白泉社・舞台『暁のヨナ』製作委員会
  • (C)草凪みずほ/白泉社・舞台『暁のヨナ』製作委員会
  • (C)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • (C)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • (C)馬谷くらり/眉難高校演劇部
高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評
連載第166回

■ 『ダイヤのA』The LIVEIII、キャスト、スタッフの”野球愛”で熱い舞台に!

昨年の舞台では沢村が青道の野球部に入り、練習試合を経て一軍入りするところまで、 今回は灼熱の合宿から西東京大会地区大会における明川学園との対決までを描く。 
山場は2幕の明川学園の”精密機械”と呼ばれる投手・楊舜臣との対決だ。クールで無愛想だが、誰よりも熱い心を持ち、青道に大きな壁となる。この楊舜臣を演じるは和田雅成、内に秘めた情熱をきっちり演じ、”試合”を盛り上げる。彼のモノローグの言葉には力がこもっており、その言霊が客席に響く。この舞台はモノローグを多用するが、効果的かつ印象的で、原作と舞台が観客の頭の中で交錯する。
前回と同じく、舞台を二段にして上下で野球の試合を見せ、ボールを音、光、映像で表現、俳優陣は相当練習を積んだのか、ボールを追う、スチールする等の動作にさらに磨きがかかっていた。沢村栄純演じる小澤廉始め、降谷暁役の廣瀬智紀、御幸一也の和田琢磨は当たり役。
舞台版『ダイヤのA』は、キャスト、スタッフの”野球愛”が熱い。満席の初日、続編を期待せずにいられないエンディング、観客に末永く愛されるシリーズになる予感。

■ 舞台『暁のヨナ』

『花とゆめ』(白泉社)で好評連載中、2014年秋にTVアニメ化された人気作。国を追われた王女・ヨナが試練に遭いながらも逞しく成長していく物語。舞台化される部分は単行本で14~16巻にあたる『水の部族編』、水の都に辿り着き、闇商人の売る麻薬が蔓延して人々を苦しめていることを知ったヨナは、ハクや四龍、 水の部族長の娘リリと共に戦う。
ドラマチックな楽曲が冒険譚を盛り上げる。ヨナ役の新垣里沙、小柄でキュート、ヨナの懸命さと新垣里沙の持ち味が上手くシンクロ、アクションもこなし、健闘。ハク役の松下優也、ぶっきらぼうな、しかし深い愛情を持つキャラクターがよく似合う。アクションもダイナミックにこなし、大刀を振り回して作品を盛り上げる。純粋に14~16巻を舞台化している訳ではなく、ところどころに過去エピソードを差し込む。
ラスト近くの戦いの場面は見せ場、俳優陣が大奮闘、息もつかせぬ殺陣、アクションは目が離せない。リリとヨナの間に確かな友情が芽生え、ヨナは仲間と共に都を去ることに。エンディングではヨナとハクの後方に大きな虹、それは彼らにとっては希望、ヨナの旅は終わらない。

■ 『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』

『美男高校地球防衛部LOVE!』は原作・馬谷くらり、高松信司監督によるアニメ作品で2015年1月~3月まで放送され、第2期の制作も決定、舞台版はオリジナルストーリー。
出だしはアニメでも描かれている5人の出会い、注目の”銭湯のシーン”、制服着用で入浴(笑)。「これが2.5次元の限界だ」等の台詞で大笑い。演劇部の北島マヤオ(西山丈也 )の情熱にほだされた5人、合宿に行くが、ここでとんでもない事に巻き込まれる。誰もが知ってる有名ミュージカルのパロディやら、もう抱腹絶倒のシーンの連続、アドリブもあり、なんでもあり、お約束の”入浴シーン”も用意されている。台詞も各々のやり取りもいちいち笑える。
ラスト近くは、ちゃんと”怪人”登場、そして変身アイテム“ラブレスレット”の力で“ラブメイキング”(変身)、「3分待ってね」と言ったとたん、舞台に大きな布が降り、映像で5人の変身が大きく映し出されるが、”どっかで見たことのある変身シーン”、ここはポイント。観客は笑いっぱなし、肩の力を抜いて気軽に笑えるライトなコメディ。全力で”おバカ”をやる出演者、箱根有基役の赤澤燈は「とんでもない作品」と評したが、ここが真骨頂、アニメ同様に続編も期待したい楽しい作品だ。

[公演データ]
『ダイヤのA』The LIVE II
東京公演:2016年3月14日~3月21日
天王洲・銀河劇場
名古屋公演:2016年3月24日
名古屋文理大学文化フォーラム大ホール
大阪公演:2016年4月1日~4月3日
http://officeendless.com/sp/diaace_live/
http://www.marv.jp/special/boueibu-love_s
(C)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤの A」The LIVE 製作委員会

舞台『暁のヨナ』
2016年3月16日~3月21日
EX シアター六本木
http://yona-stage.jp
(C) 草凪みずほ/白泉社・舞台『暁のヨナ』製作委員会 

『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』
2016年3月10日~13日
Zeppブルーシアター六本木
(C)馬谷くらり/眉難高校演劇部
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「残響のテロル」は舞台も良作、ずしりと重いがエンターテインメント性も感じられる 画像 「残響のテロル」は舞台も良作、ずしりと重いがエンターテインメント性も感じられる
  • 「花より男子 The Musical」、笑ってほっこり、恋愛ミュージカルの決定版 画像 「花より男子 The Musical」、笑ってほっこり、恋愛ミュージカルの決定版

特集