「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー」 ワンピース歌舞伎やUSJアトラクションも優秀賞に

ニュース

3月1日、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'15/第21回AMDアワード」の優秀賞8作品が発表された。このなかには「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」やユニバーサルスタジオジャパンが日本アニメやマンガ、ゲームを題材にしたアトラクション「ユニバーサル・クールジャパン」なども挙がった。アニメファンも注目のコンテンツが受賞した。
優秀賞はこのほか、ダンスミュージックの祭典ULTRA JAPAN 2015、auのテレビCM三太郎シリーズ、任天堂のアクションシューティングゲーム「スプラトゥーン」、ソフトバンクのロボットPepper、Mojang ABのサンドボックスゲーム「Minecraft」、見逃し配信サービス民放公式テレビポータル TVerだ。

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'15/第21回AMDアワード」の優秀賞は、2015年1月1日から12月31日までの期間中に発売・発表されたデジタルコンテンツやサービスの中から選ばれてる。

「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」は大ヒットマンガを歌舞伎という伝統的な様式美に取り入れたことが評価された。早替わりや宙乗りといった歌舞伎の技法と、プロジェクションマッピングなどの最新技術を融合させた演出は観客の驚きをさらった。
「ユニバーサル・クールジャパン」はユニバーサル・スタジオ・ジャパン内で開催されたイベントである。『エヴァンゲリオン』や『進撃の巨人』、『モンスターハンター』など、アニメ、マンガ、ゲームの人気作とコラボし、その世界観を楽しめるアトラクションなどを展開した。入場者数はパーク開設以来最高の約1270万人を記録。今年は「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」も加わり、業績をさらに伸ばしている。

3月14日開催の授賞式では、8作品の中から大賞/総務大臣賞とAMD理事長賞が選出される予定だ。一体どの作品が大賞に輝くか、大きな関心を集めそうだ。
[高橋克則]
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集