放送開始後、初の富野総監督スペシャルインタビュー「ガンダム Gのレコンギスタ」を語る(上)  | アニメ!アニメ!

放送開始後、初の富野総監督スペシャルインタビュー「ガンダム Gのレコンギスタ」を語る(上) 

インタビュー

スペシャルインタビュー「ガンダム Gのレコンギスタ」を語る(上) 
35年たってはっきり言える。「ニュータイプ論はありえない」

1979年の『機動戦士ガンダム』放送開始から35年、以来ガンダムシリーズの人気は拡大の一途だ。そうしたなかで「ガンダム」生みの親である富野由悠季氏が、2014年に総監督として再びテレビシリーズの「ガンダム」に挑んだ。この10月にテレビ放送も開始した『ガンダム Gのレコンギスタ』である。
『∀ガンダム』から15年ぶりとなった富野由悠季総監督によるテレビシリーズ「ガンダム」として話題騒然だ。11月5日に73歳の誕生日を迎えた富野由悠季総監督に、『ガンダム Gのレコンギスタ』を語っていただいた。

『ガンダム Gのレコンギスタ』 
http://www.g-reco.net/
『∀ガンダム』
http://www.turn-a-gundam.net/

[取材・構成: 藤津亮太]

―『ガンダム Gのレコンギスタ』も放送が始まりしばらく経ちました。『∀ガンダム』から『OVERMANキングゲイナー』『リーンの翼』を経てまた、ぐっとテンポアップした語り口で、そこに変化を感じたのですが。

富野由悠季総監督(以下富野) 
変化させたい、とは考えませんでした。『G-レコ』をどう創るのかと考えていったら、こういうテンポを求めていた、と発見できたのです。

―『∀ガンダム』の時に、全肯定というキーワードで「ガンダム」という言葉を取り巻く全てを包み込もうとした姿勢についてはどうですか。

富野
『∀』の時には、「全肯定」というキーワードにひっぱられて「脱ガンダム」には至っていなかった。「全肯定」というのは「ガンダム」的なものありきの発想ですから。15年経って、「脱ガンダム」を考えた結果が『G-レコ』だったのです。

―「全肯定」からの「脱ガンダム」というのは、それはそれですごく攻めの姿勢ですよね。

富野 
このままで死んでいきたくないからですねぇ。……世間を見渡すと、定年退職したサラリーマンがそのままダメになってしまう例はたくさんあります。会社員時代はちゃんとものを考えていた人もそうではなくなってしまう。どうしてそういうことが起こるかといえば、それは会社を辞めた時に勉強も辞めて、仕事というところから降りてしまったからです。
もちろんその裏側には、会社員時代に使い尽くされて疲れ切っているということもあるでしょう。でも一次産業従事者でない人間が、死ぬまでその仕事をしたいと思ったなら、仕事を考え続けるしかないでしょ?それが60歳を過ぎて若い人と仕事をして、認めてもらう唯一の方法です。
そういう気持ちは昨年、宮崎駿監督の『風立ちぬ』を見て言いやすくなりました。……今年、宮崎さんがアカデミー功労賞を受賞されました。その時に女房に言われたことがあります。

―なんと言われたのですか?

富野
「嫉妬心はわかないの?」とすごく素朴に聞かれたんです。でも、全然そういう気持ちにはなっていなかった。むしろ日本のアニメの仕事がああいう形で評価されたのは良かったと思ってます。
そう尋ねられて気がついたんですけれど、自分にとって宮崎さん、そして高畑勲監督というのは圧倒的な大先輩なんです。宮崎さんは学年的には1つしか違わないですが、僕が虫プロに入って初演出やった少し後にはもう『太陽の王子ホルスの大冒険』を作ってたわけです。だから、自分としては「出遅れた」という気持ちがあるし、10年経って『アルプスの少女ハイジ』に参加して接点ができましたけど、同業者としてはずっと圧倒的だったという認識です。
『機動戦士ガンダム』のころにはそれを悔しいと感じたひとときもあったけれど、基本的にはあとちょっとで手が届きそうな気もするけれど、でも絶対に手が届かない絶対的な存在です。勉強ができる人はそこにいけて、勉強ができない自分は勉強するしかないってことです。こういうことが言えるのも、勉強ができない僕なりにこの15年、勉強をしてきて『G-レコ』を作ることができたからです。

fd

《藤津亮太》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集