壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー

インタビュー

壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー
  • (C) 吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第二計画 
BETAと名付けられた異星起源種の脅威が世界を包み人類との全面戦争へと発展した地球。東ドイツ最強と呼ばれる第666戦術機中隊 “黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)”彼らはその戦場でどう生きるのかーー。
2016年1月より放送がはじまるテレビアニメ『シュヴァルツェスマーケン』は『マブラヴ オルタネイティヴ』、『トータル・イクリプス』といった『マブラヴ』シリーズと同一の世界観を持った物語だ。原作シナリオは内田弘樹によるライトノベル。美少女が多く登場する一方、ハードでシリアスな世界観が多くのファンを生み出している。
2015年11月には先行する形でPCゲームの前編である『シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章』(全2作)がリリース。間を開けずにテレビアニメの放送がスタートとなる。

今回話を聞いたのは音楽を担当するEvan Callさん。2012年からElements Gardenで活動をはじめ、壮大なアレンジングやシンフォニックメタルサウンドで注目を集める作曲家の一人だ。『シュヴァルツェスマーケン』の世界観と高い親和性を持った彼の音楽のルーツなど、今までほとんど明かされてこなかったEvanさんの素顔に迫った、初の単独インタビューだ。
[取材・構成=細川洋平]

テレビアニメ『シュヴァルツェスマーケン』
http://schwarzesmarken-anime.jp/
2016年1月10日毎週日曜深夜1時5分テレビ東京ほかにて放送開始

abesan■アメリカの大学卒業後、観光ビザで日本に来ました

ーまずはEvan Callさんがなぜ日本で音楽の仕事をするようになったのか伺いたいと思います。そもそも日本のアニメに興味を持つきっかけとなった作品は何だったのでしょうか。

Evan Callさん(以下、Evan)
子どもの頃は『ポケモン』とか『デジモン』とか、日本のアニメ好きの友だちから教えてもらって見ていました。最も影響を受けたのは『サムライ7』(2004年・GONZO)です。それにハマって日本のアニメが好きになりました。

ーElements Gardenに所属するに至った経緯は?

Evan
すごく偶然だったんです。アメリカでバークリー音楽大学を卒業した後、ハリウッドに行って映画音楽をやるか悩んだのですが、もともと好きだった日本のアニメやゲームはジャンルも豊富なので、成功できれば幅広く楽曲が作れるかなと思ったので、観光ビザで来ました。ただ3ヶ月間以内に仕事を見つけないと観光ビザは切れてしまうので、音楽の仕事にすぐつけなければ、英語教師をやろうと思っていました。
その頃、住んでいたシェアハウスのルームメイトからパーティーに誘われました。外国人の“ガチオタクパーティー”で、「なら行こうかな」って(笑)。そこでルームメイトの友人に「音楽がやりたい」と話したら、「じゃあ知り合いに連絡してみる」とElements Gardenの藤田淳平さん(サウンドプロデューサー・作編曲家)を紹介してくれました。すぐに連絡してデモを送って面接を受けて、入ることになりました。

ーElements Gardenの新人作家募集枠ではなく、面接とデモテープで入ったんですね。

Evan 
その時は募集してなかったけど、外国人の応募は稀だったので面接をしてくれたんだと思います。

ーデモ曲はどのようなものを提出したのでしょうか。

Evan 
いろいろです。大学で作った歌モノやオーケストラ系のサンプルとか。

ー面接はElements Garden代表の上松範康さんが?

Evan 
上松さんをはじめいろんな人がいました。みんながこっちを見ていて緊張しました(笑)。

ー上松さんが2014年にTwitterでEvanさんについて言及していたのが印象的でした。「今、注目されている作曲家です」という言葉の最後に「実は彼は歌がものすごくうまい」と。

Evan 
歌います(笑)。大学の入学試験に実技と面接があったんです。楽器にあまり自信がなかったので歌の実技を選択したくらいです。最近はロックが好きですがオペラなども歌います。


《細川洋平》

編集部おすすめのニュース

特集