TVアニメ「シュヴァルツェスマーケン」OPテーマはfripsideが担当 放送はテレビ東京ほか

ニュース

2016年1月に放送開始するテレビアニメ『シュヴァルツェスマーケン』の放送初日が1月10日であることが発表された。テレビ東京にてスタート、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-Xなどでも放送を予定する。
またオープニングテーマはfrip sideに決まった。エンディングテーマはカティア役の田中美海とアイリスディーナ役の山本希望によるスペシャルユニット”Zahre(ツェーレ)”が担当する。

『シュヴァルツェスマーケン』は、ゲーム会社ageが2006年にリリースする『マブラヴ オルタネイティヴ』のスピンオフ作品としてゲーム情報誌「テックジャイアン」(KADOKAWA)にて連載された小説だ。『血の紋章』と2016年に発売予定の『殉教者たち(仮)』の二部作となっている。
物語は『マブラヴ オルタネイティヴ』の18年前の1983年東ドイツが舞台となる。「BETA」と呼ばれる未知の生命体と第666戦術機中退”黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)”の隊員たちとの過酷な戦いが中心に描かれる。

キャストは、主人公のテオドール・エーベルバッハを鈴村健一、淡い茶色のポニーテールが特徴のカティア・ヴァルトハイムを田中美海、第666戦術機中隊の中隊長アイリスディーナ・ベルンハルトを山本希望、主人公の義妹リィズ・ホーエンシュタインを南條愛乃となっている。

オープニング「white forces」を務めるfrip sideは、南條愛乃がボーカルを務める人気ユニット。fripsideプロデューサーの八木沼悟志が原作を読み込み作り上げた「white forces」は、物語の世界観を表現している。
スペシャルユニット”Zahre”の田中美海と山本希望が担当するエンディングテーマの楽曲タイトルは「哀しみが時代を駆ける」。どのような楽曲かは今後発表される。

また発表に合わせてキービジュアル、PVも公開された。ビジュアル面でも、作品への期待感を盛り上げる。

アニメ『シュヴァルツェスマーケン』
(C) 吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第二計画

《高松拳人》

編集部おすすめの記事

特集