AnimeJapan 2016で「マクロス」ゼントラ盛り TV各シリーズから豪華ゲストが出演 | アニメ!アニメ!

AnimeJapan 2016で「マクロス」ゼントラ盛り TV各シリーズから豪華ゲストが出演

イベント・レポート

3月26日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2016」のREDステージで、「放送直前!『マクロス』ゼントラ盛りトークショー」が行われた。4月より放送開始するシリーズ最新作『マクロスΔ(デルタ)』に向けて、これまでのテレビシリーズからそれぞれにゲストを招き、トークを繰り広げるという豪華な催しだ。

『超時空要塞マクロス』からはマクシミリアン・ジーナス役の速水奨と、ミリア・ファリーナ・ジーナス役の竹田えり。『マクロス7』からはミレーヌ・フレア・ジーナス役の櫻井智。『マクロスF』からはランカ・リー役の中島愛。そして、『マクロスΔ』からはハヤテ・インメルマン役の内田雄馬、ミラージュ・ファリーナ・ジーナス役の瀬戸麻沙美、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりが登壇。河森正治総監督を加え、計8名がステージに姿を見せた。

オープニングトークを終えた後は、各シリーズのダイジェスト映像を見ながら当時を振り返るというコーナーへ。
竹田が「ミリアはあまり感情の起伏がないキャラなので、どうやってマックスに好意を持ったのか、未だに良くわからない」と疑問を発すると、「天才は天才を知る、じゃないですけど、パイロットとして非常に高い能力を持っていたミリアにとって、自分よりも強いパイロットの存在は大きかったでしょうね」と返す河森監督。

『マクロス7』では、「ミレーヌはバサラが好きなのか、ガムリンが好きなのか分からなかった」と櫻井。「でも、バサラが好きだったような気がする」と続ける櫻井に対して、河森監督が「そうかも知れないけど、バサラがああいう人なので……」と応じると、客席から笑いが起こる一幕もあった。

『マクロスF』のダイジェスト映像として、ランカの初登場シーンが映されると、恥ずかしげに顔を伏せる中島。「ランカ役が決まった後、シリーズ作品を全部見ました。『マクロス』は私の青春で、デビュー作で……みのりちゃん、こんな気持ちになるんだよ」と、かつての中島と同じ境遇にいる鈴木へ語りかけた。

そんな鈴木は中島の大ファンで、握手会に参加したこともあるんだとか。参加者8000人を超えるオーディションの末にフレイア役を掴んだことについては、「フレイアに運命を感じていた。大好きな中島さんの跡を継ぐことができて嬉しい」と笑顔を見せた。
MCから、フレイアの少し訛ったような話し方が印象的だという話題が振られると、「都会に憧れて、銀河の辺境からやってきたイメージです」と河森監督。鈴木は「訛りについて監督から具体的な指定はありませんでした。フレイアは私に似てるかも、と思ったので、地元愛知県の三河弁に寄せています」と続けた。

同じく『マクロスΔ』に出演する瀬戸と内田も、シリーズの中では『マクロスF』への思い入れが特に強いようだ。瀬戸は「学生時代にどっぷりハマりました。劇場版を見た後に、『マクロス見たよ!』っていうプリクラを友達と撮ったり」と回想。ちなみに瀬戸が演じるミラージュは、名前の通りミレーヌたちと親戚関係にあるキャラだという。このようなつながりが垣間見える世界観も、シリーズならではの楽しみと言えるだろう。

『マクロスF』で初めてシリーズに触れたという内田は、「歴史あるシリーズなので、僕の周りにもファンがたくさんいました。でも、皆『なんかドロドロしてる』って言うので、ロボットアニメでドロドロするって何だ?と思っていました」とトーク。シリーズの特徴のひとつである三角関係について言及した。
それについて河森監督が「『マクロス』を最初に作っていた頃は学生でした。若気の至りで、とにかく他と違うことがやりたくて三角関係を盛り込んだんです」と明かす場面もあった。

『マクロスΔ』の見所を問われた河森監督は、「プロトカルチャーという、人類を作ったとされる種族の謎にも迫る。シリーズの集大成となるような作品にしたい」とコメント。
最後の挨拶で、鈴木が感極まって泣いてしまう場面もありつつ、盛大な拍手でイベントは終了となった。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア:2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア:2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所:東京ビッグサイト
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「マクロスΔ」がAnimeJapan 2016を席巻 最新PVの上映やスタンプラリーも 画像 「マクロスΔ」がAnimeJapan 2016を席巻 最新PVの上映やスタンプラリーも
  • 「マクロスΔ」の歌姫は15歳のJUNNA シリーズ歴代最年少で抜擢 画像 「マクロスΔ」の歌姫は15歳のJUNNA シリーズ歴代最年少で抜擢

特集