「ズートピア」監督が来日で記者会見 “夢を叶えた”日本人スタッフの存在を語る | アニメ!アニメ!

「ズートピア」監督が来日で記者会見 “夢を叶えた”日本人スタッフの存在を語る

イベント・レポート

上戸彩、バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、クラーク・スペンサー、高橋茂雄/『ズートピア』来日記者会見
  • 上戸彩、バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、クラーク・スペンサー、高橋茂雄/『ズートピア』来日記者会見
  • 上戸彩/『ズートピア』来日記者会見
  • リッチ・ムーア/『ズートピア』来日記者会見
  • クラーク・スペンサー/『ズートピア』来日記者会見
  • バイロン・ハワード/『ズートピア』来日記者会見
  • 上戸彩/『ズートピア』来日記者会見
全米で大ヒットを記録しているディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ズートピア』の来日記者会見が3月24日(木)、都内で行われ、共同監督を務めるバイロン・ハワードとリッチ・ムーア、プロデューサーのクラーク・スペンサーが出席した。

動物たちが人間のように暮らすハイテク都市「ズートピア」を舞台に、ウサギの新米刑事・ジュディと、キツネの詐欺師・ニックがタッグを組んで、続発する動物失踪事件の謎を追いかける。全米では『アナと雪の女王』『ベイマックス』のオープニング記録を軽々と塗り替え、公開3週間で早くも興収1億ドルを突破している。

夢の実現を描いた本作を完成させるため、現場では約700人の有能なスタッフが大活躍! ムーア監督によると、多くの日本人も参加しているそうで、「宮崎県出身の女性スタッフは、小さい頃からずっとディズニーで働くことを夢見ていたんだ。でも周囲からは『そんなの無理』と言われていた。まるでジュディのようにね。そんな彼女が、単身アメリカに渡り、ジュディと同じように夢を実現させたんだ。すばらしいことだよ」と秘話を語っていた。

個性豊かな動物たちのキャラクターづくりについては、「まるで人間のような感情表現をすると同時に、動物特有の“野生”を融合させた点がユニークなんだ。もちろん、動物の外見や仕草は徹底的に研究したよ」(ムーア監督)。ハワード監督は「アフリカで取材旅行をしたとき、ライオンとガゼルが並んで水を飲んでいる光景を目にしたんだ。食べる、食べられるという関係なのにね(笑)。ズートピアを発想する原点だよ」と明かしていた。

また、プロデューサーのスペンサー氏は「まさか、ここまで支持されるとは!」と全米をはじめ、世界中での大ヒットに驚き&喜びのコメント。「きっとディズニーアニメ史上最高に、複雑かつ壮大な世界観だろうね。コミカルな描写に加えて、感情を盛り上げるミステリー要素もある。何より、『自分は何ができる?』『自分は何になれる?』という答えは、自分自身で手に入れるべき。そんな人生のテーマが響いたんだと思う」とヒットの理由を分析していた。

会見には日本語吹き替え版で主人公・ジュディの声を担当する上戸彩、ジュディの同僚で、食いしん坊なチーターのクロウハウザーを演じる「サバンナ」の高橋茂雄が出席し、「(声優の)お話をいただいたのが昨年の夏ごろ。ちょうど新しい家族が増えたばかりで、これは自慢できるって思った」(上戸さん)、「芸人なので、正直最初はドッキリだと思った」(高橋さん)と話していた。

『ズートピア』は4月23日(土)より全国にて2D/3D公開。

『ズートピア』監督が明かす、“夢を叶えた”日本人スタッフの存在!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 上戸彩がディズニー新ヒロイン 「ズートピア」主人公ウサギのジュディ役 画像 上戸彩がディズニー新ヒロイン 「ズートピア」主人公ウサギのジュディ役
  • 「ズートピア」ウサギの警察官・ジュディの本編映像公開 ネズミの街で巨大化!? 画像 「ズートピア」ウサギの警察官・ジュディの本編映像公開 ネズミの街で巨大化!?

特集