「劇場版selector destructed WIXOSS」 大ヒットでセレクター達が舞台挨拶

イベント・レポート

2月13日に全国公開となった『劇場版selector destructed WIXOSS』がヒットを続けている。公開3週間目に突入するなか、キャスト、スタッフがファンにお礼を伝えるべく、大ヒット御礼舞台挨拶が、2月27日に東京・新宿バルト9に集まった。
この日姿を見せたのは、キャスト陣から小湊るう子役の加隈亜衣、タマ役の久野美咲、蒼井晶役の赤崎千夏、繭役の種田梨沙といった豪華な顔ぶれだ。さらに川瀬浩平プロデューサーも加わって、ファンへの感謝の気持ちを伝えた。

出演陣は、『劇場版selector destructed WIXOSS』が大盛況、そして再び舞台挨拶が実現したことを喜んだ。なかでも赤崎千夏は、公開初日の舞台挨拶には参加できなかったことから、うれしさいっぱいの様子だった。冒頭の挨拶では、蒼井晶の本編中の決めゼリフ「アキラッキー!」と掛け声。これに観客も「アキラッキー!」と返すなど、スタートから会場を盛りあげた。
さらにいまだからこその劇場版の感想を語る場面もあった。加隈さんは1回目はるう子の気持ちで、そして2回目ではタマの気持ちになって視点を変えて映画を観たと言う。
また加隈は友人とも劇場を訪れたという。その際に友人が「久野さんは素晴らしい役者だね」と話したエピソードを紹介した。これに久野は大感激した様子。

川瀬プロデューサーからは、テレビシリーズと劇場版の違いも明かされた。例えばセレクターのひとり一衣を刺したのが、テレビでは伊緒奈だったのが、劇場では晶になっているという。
また本編のエンディングについてのエピソードも。佐藤卓哉監督と構成・脚本の岡田麿里がここではテレビシリーズで描ききれなかった部分を描くことが出来て良かったと話していたことが明かされた。

挨拶の最後には、登壇者たちからファンの感謝が伝えられた。大盛況の中、舞台挨拶は幕を閉じた。『劇場版 selector destructed WIXOSS』は、新宿バルト9のほか全国35館にて公開中だ。

『劇場版selector destructed WIXOSS』
新宿バルト9 ほか全国35館で公開中
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集