「KING OF PRISM」寺島惇太、八代拓、永塚拓馬、五十嵐雅、武内駿輔がイベントに登場

ニュース

左より、永塚拓馬、寺島惇太、八代拓(c)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
  • 左より、永塚拓馬、寺島惇太、八代拓(c)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
  • 左より、寺島惇太、五十嵐雅、武内駿輔(c)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
  • (c)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
3月21日、秋葉原UDXシアターにて『劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm』のアルバム発売決定を記念したファンイベントが行われた。全4部構成のイベントには、第1部・第2部に一条シン役の寺島惇太、十王院カケル役の八代拓、西園寺レオ役の永塚拓馬、第3部・第4部には寺島に加えて、鷹梁ミナト役の五十嵐雅、大和アレクサンダー役の武内駿輔が登壇。Blu-ray・DVDの発売が明かされ、大きな盛り上がりを見せた。

まずは1月の劇場上映以来、異例のロングヒットとなっている本作について、寺島は「3ヶ月目に入った今も上映が続いているなんて信じられないです。舞台挨拶やイベントがあるたびにTwitterのトレンドワードに入っていて、皆さんが応援してくださっているのが僕たちにも伝わってくるので嬉しいです」と感謝の言葉を送った。
五十嵐はミナトのエピソードから派生して、食品サンプルのセロリを持って応援上映に参加するファンが増えたことに触れた。「ついには静岡の劇場が食品サンプルのセロリを貸し出してくれるまでに至りました」と映画館の取り組みを紹介し、会場の笑いを誘った。

本編については、永塚が「“プリズムショーとは?”と聞かれても誰にも答えられないと思います。とにかく煌めきを感じてくださいとしか言えないですね」とコメント。武内は「自分の常識を覆すシーンが多くて、自分を見つめなおす機会になりました」と真摯に語り、他のキャストから「コメントが18歳とは思えない!」と驚かれていた。
気になる今後については八代が「このまま色々な展開が続けば、キャラクターも作品も深みを増せるんではないかなと思います。皆さんの力をお借りしてどんどん良い作品にしていきたいです」と意気込みを見せた。最後は寺島が「ファンの皆さんが応援してくれたことが、キンプリが広がっていった一番の理由だと思います。これからもよろしくお願いします!」とメッセージを伝えた。
「劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm Song&Soundtrack」は4月27日発売。劇場版のBlu-ray・DVDは6月17日発売予定となっている。
[高橋克則]

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
全国ロングラン上映中

(c)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集