「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”

インタビュー

「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
  • 「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
  • 「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
  • 「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
  • 「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
  • 「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”
幼い頃に発した言葉がきっかけで家族がばらばらになってしまった少女・成瀬順。彼女は言葉を話そうとするとひどい腹痛が起きるようになってしまった。そのまま高校2年生となった彼女は、高校で「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。共に委員となったのは坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月、普通であれば重ならない4人だった。
しかし、彼らが交流会に向けて「ミュージカル」を選び、その準備が進む中で、交わることのなかった心が交わりはじめるーー。

監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀。映画『心が叫びたがってるんだ。』はヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を手がけたスタッフが再集結するとして注目を浴びた。2015年9月に公開された本作は興行収入11.2億円の大ヒットとなった。その話題作が2016年3月30日にBlu‐rayとDVDになって発売される。それを機に成瀬順役の水瀬いのりさん、そしてチアリーダー部の優等生・仁藤菜月役を演じた雨宮天さんが再び集まっていただいた。
本作の順の演技で第十回声優アワードを受賞した水瀬いのりさん、フレッシュな演技で俄然注目を浴びる雨宮天さんが『心が叫びたがってるんだ。』をじっくりと語った。
[取材・構成:細川洋平]

『心が叫びたがってるんだ。』 公式サイト
http://www.kokosake.jp/
Blu-ray&DVD 2016年3月30日(水)発売決定

■ 100パーセント自信を持って「いい作品に関われた」(水瀬)

ー興行収入11.2億円という大ヒット、作品への高い評価と『心が叫びたがってるんだ。』は、2015年の大変な話題作となりました。そうしたなかで作品を振り返ってどう感じられていますか。

水瀬 
舞台挨拶としては最後となった11月1日のTOHOシネマズ新宿で10億円突破の記念でくす玉を割ったんですよ!人生で初めてでした。

雨宮 
そうだよね、割ることなんてそんなないよね。

水瀬 
その場で長井龍雪監督に対して「おめでとうございます」と話しました。壇上でうれしそうにお話する長井監督の横顔を見て、すごくたくさんの方に愛された作品にヒロインとして関わることができた喜びを感じました。

雨宮 
自分がお客さんとしても「ステキだな」と思った作品がたくさんの人に届いたんだなといううれしさでいっぱいです。


ー大ヒット作となりましたが、公開前と公開後でお二人のお気持ちに変化などはありましたか?

水瀬 
最初はやはりプレッシャーがすごくありました。緊張感は自分が思っている以上でした。でもアフレコが終わった時にはそういう感情は消えていて、100パーセント自信を持って「いい作品に関われた」という気持ちになっていました。

雨宮 
私が演じた仁藤菜月の気持ちがみなさんに伝わったらいいなって思っていました。責任感や不安はありました。ただ作品に対しての不安は全然なくて、私自身、完成したのを観て叫びたくなった、心を動かされた一人でした。多くの方が心を動かされたらいいなって思っていました。だからたくさんの人に作品が届いたのはすごくうれしかったですね。


ーお二人は、坂上拓実、成瀬順、田崎大樹、仁藤菜月の4人の中ですと誰に近いですか?

水瀬 
うーん……、私は拓実寄りですね。大樹ほど熱はないのですけど、ちゃんと自分の思いはある。順と拓実の間にいると思っています。

雨宮 
難しいですね……いろんな感情に苛まれたり動かされたりして、でもうまく伝えられないところは順ちゃんに似てるんじゃないかなって思います。でも、周りの方からはホントに「菜月そのまんまだよね」って言われて(笑)。


《細川洋平》

編集部おすすめのニュース

特集