映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇

イベント・レポート

映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
  • 映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
  • 映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
  • 映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
  • 映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
  • 映画「猫なんかよんでもこない。」舞台挨拶 風間俊介、松岡茉優、山本透監督、杉作が登壇
1月30日より全国で劇場公開される『猫なんかよんでもこない。』の舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿で開催された。

登壇したのは、主人公・ミツオ役の風間俊介、ウメ役の松岡茉優、山本透監督、原作の杉作の4名。自分自身の役を演じた風間について、杉作が「素晴らしかった。かっこよすぎてもう僕とは全然違う」というと風間は「ほめられるのは大好きです」と会場の笑いを誘った。また、杉作は定食屋の親父として出演しており「完璧な定食屋の親父でした」と山本監督に評され、原作者の役者っぷりも見逃せないようだ。

大の猫好きという山本監督は、チンとクロのほか野良猫役も含め合計14匹の猫が出演した同作について「子猫の撮影ではあまりに言うことをきかないので、なんてヤバイ作品を撮ろうとしているんだろうと思った」と苦労を語った。
風間も猫のシーンの撮影では苦労したと振り返り。「振り回されるのを通して成長する物語だからそれでいいんじゃないかと思った」とコメント。
一方でウメ役の松岡が参加すると途端に猫たちは“おりこうさん”に。猫の撮影の苦労話を聞いていた松岡は「いい子でしたよ!」と力強く褒めた。

「あなたにとっての『○○なんかよんでもこない』は?」のトピックでは、松岡が7年間どんなに誘ってものってくれない山里亮太の名前を挙げたほか、風間と松岡がどの猫タイプにあてはまるかの猫診断コーナーでは風間が三毛猫、松岡が白黒猫という結果に。

最後の挨拶で風間は、生き物に接してこなかった人はいないので、全ての人に喜んでもらえる素敵な映画になっているはずと自信をみせた。山本監督は動物と暮らすのはかわいいだけではなく大変なこともあるが「一緒に暮らすとはそういうこと。そこを丁寧に描いた」と魅力を語って締めくくった。

『猫なんかよんでもこない。』は、漫画家の兄が拾った2匹の猫の世話をすることになった冴えないボクサーのミツオが、大嫌いだった猫との生活を通して自分を見つめ直し、新たな道を見つけていく物語。あたたかな作風での人気を呼んだコミックエッセイが原作だ。

映画『猫なんかよんでもこない。』公式サイト
http://nekoyon-movie.com/
1月30日(土)TOHOシネマズほか全国公開
配給:テアトル
(C)2015 杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会
《川俣綾加》

編集部おすすめのニュース

特集