中島健人が提案したドSなデートプランとは?映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」舞台挨拶

イベント・レポート 映画

2016年2月27日(土)から公開の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」。そのキャストである中島健人、小松菜奈、千葉雄大が登壇した舞台挨拶が2月11日にTOHOシネマズ梅田にて行われた。

本作は、講談社「別冊フレンド」に連載中のマンガの実写映画。原作は全5巻にも関わらず単行本の売上は165万部を超えるなど、女子中高生を中心に絶大な人気を誇る。
ヒロインの赤羽由宇が積極的に迫る“白王子”こと白河タクミと、「絶対服従」を由宇に言い渡す超ドSな副寮長“黒悪魔”こと黒崎晴人との間で揺れ動くラブストーリーが描かれる。
実写映画では、黒崎晴人役にアイドルグループのSexyZoneのメンバーである中島健人、白河タクミ役に「天装戦隊ゴセイジャー」で主演を務め、以降数々の映画やドラマで活躍する千葉雄大、赤羽由宇役には「近キョリ恋愛」「バクマン。」などの実写映画にも出演している小松菜奈がそれぞれ演じる。

舞台挨拶では「大阪で赤羽由宇をデートに連れて行くなら」という質問に、中島健人は「HEP FIVE に行って(映画と同じように)観覧車に乗ります。100 周した時点でチューしようかなぁ」とドSなデートプランを発表。
千葉雄大は「アメリカ村で由宇ちゃんを全身コーディネイトして、何でも欲しいもの買ってあげて、美味しいごはんを食べます。それから万博公園で鬼ごっこをしたい」と提案し、小松菜奈は「100周はイヤですね(笑)」と千葉雄大のデートプランを選ぶやりとりもあった。

映画の見どころについて、「この映画を撮影している期間は本当に楽しくって、撮影が始まる前はこんなにみんなと仲良くなると思っていませんでした。今また皆と揃って楽しいなって思える、僕にとって本当に素敵な映画になりました」(千葉雄大)、「この作品を映画館で見るときってすごくドキドキしたり、ワクワクしたり、息をのんでしまうシーンもたくさんあるので、心を落ち着かせて観ていただいたらいいなと思います」(小松菜奈)、「僕もこの作品がすごく好きで、空気感や、3人で作ったチームワークがこの映画に出ていて、それをいま、皆様にお伝えすることができていることを幸せに思っています」(中島健人)と語り、撮影時の和気あいあいとした雰囲気も伺わせた。

ストーリーや再現度も気になるところだが、キャスト3人のコンビネーションが映画にどう反映されているのかにも注目される。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
2月27日(土)から全国ロードショー
配給: ショウゲート

[出演]
中島健人 小松奈菜 千葉雄大
高月彩良 岸 優太 岡山天音 中村靖日 池谷のぶえ
川津明日香 鈴木裕乃 北村優衣 長谷川里桃 黒崎レイナ 山崎あみ 鈴木美羽

原作: マキノ「黒崎くんの言いなりになんてならない」(講談社「別冊フレンド」連載中)
監督: 月川翔
脚本: 松田裕子
音楽: 牧戸太郎

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会
《半蔵門アラタ》

関連ニュース

特集