ノイタミナ「僕だけがいない街」伊藤智彦監督インタビュー アニメにとどまらない作品づくりを目指した

インタビュー

“リバイバル(再上映)=時が巻き戻る現象”によって、主人公・藤沼悟がとある事件を解決するため奔走するタイムリープ・サスペンス『僕だけがいない街』が1月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送がスタートする。
同作は「このマンガがすごい! 2014」や「マンガ大賞2014」にランクインした三部けい原作の大人気マンガをアニメ化したもので、アニメーション制作をA-1 Picturesが担う。監督は『ソードアート・オンライン』シリーズ『銀の匙 Silver Spoon』(第1期)などで知られる伊藤智彦。悟役のキャストに土屋太鳳、満島真之介の2人を起用した。
7日からの放送を控えた伊藤監督に、放送への意気込みや作品の魅力について伺った。
[取材・構成=川俣綾加]

『僕だけがいない街』
http://bokumachi-anime.com/

■サスペンスの皮をかぶったヒューマンドラマ

──伊藤監督といえば『ソードアート・オンライン』(SAO)を思い浮かべるアニメファンも多いと思います。今回は『僕だけがいない街』、トーンもサスペンスという全く毛色の異なる作品ですね。

伊藤智彦監督(以下、伊藤)
俺の中ではむしろSAOのほうが異端なんですよ。もちろんSAOで監督をやらせていただいたことは、とても嬉しかったし、色々な経験をさせてもらいました。一方でもっと日常やドラマっぽい作品も、機会があればやりたいなとずっと昔から思っていて。そんな時に『僕街』と出会ったんです。

──原作との出会いと、アニメに携わることになった経緯を教えてください。

伊藤
A-1 Pictures制作スタッフの渋谷くんという子から「面白いマンガがあるから読んでみて」と『僕街』を渡されたのがきっかけです。その時は単行本が2巻までしか出ていなかったのですが1巻のラストを読んで「うわ! 何だこれ!」と驚いて、2巻のラストを読んで「ねえ、続きはないの!?」と彼に聞いて(笑)。3巻の発売が待ち遠しかったですね。そこから僕が「こんな面白いマンガがあるからアニメ化しませんか」と色々な人に相談した結果、アニメ制作が決定しました。

──監督は原作の魅力をどう捉えましたか?

伊藤
一体どうなるのか、先の展開が全く予測のつかないドキドキハラハラ感。もう一つ、俺は悟とほぼ同じ年齢なので、悟の小学生時代のエピソードには郷愁を覚えるノスタルジックな雰囲気という点もあります。


──アニメ企画を提案した時は2巻までしか発売されていなかったとのことですが、物語としてはまだまだ序盤。展開としてこの先どうなるか本当にわからない中での提案ですよね。冒険的な部分もあったのではないかと思います。

伊藤
そうですね。言ってしまえば、派手なバトルシーンやアクションがあるわけでもなく、淡々と進むお話だと思うんです。社会的な問題を描くヘビーな部分もある。でも可愛い女の子のアニメじゃなくってもいいじゃない、と。

──演出で気をつけたことは?

伊藤
マンガ的表現はあまりしないようにしています。とはいってもマンガ原作のアニメなので、緊張感のある空気と、マンガ的な空気の部分はきっちりと分けています。作品の中で起こっていく事件への衝撃、その時の感情をストレートに伝えたいです。そのため全体的にはリアル寄りで緊張感漂う作品ではありますが、だからこそほっとするシーンはある種のありがたみみたいなものが感じられるようにしています。

──この作品はジャンルでいえばミステリやサスペンスですが、もっと近づいて見てみるとヒーローもののように見えたりと、色々な要素があると感じました。

伊藤
原作の三部先生、担当編集さんと話した時に、サスペンスというのは実は外側だけで、サスペンスの皮をかぶったヒューマンドラマを描きたいとおっしゃっていたんです。作品を読んで僕もそれは非常に納得できて。だからアニメもルックとしてはサスペンスの色は濃いですが、ヒューマンドラマを意識しています。その中に本当に描きたいものが見えるように。

《川俣綾加》

編集部おすすめの記事

特集