KADOKAWA ウェブコミック誌「ヤングエースUP」創刊、「webエース」オープン

ニュース ウェブ/スマホ/モバイル

KADOKAWAが12月22日、マンガ、メディアミックスの主要5誌のサイトを統合したポータルサイト「webエース」をオープンした。また、新たなウェブコミック誌「ヤングエースUP」も創刊した。最新情報と、楽しいコンテンツを送り出す。
「webエース」は、KADOKAWAを代表するマンガ雑誌「少年エース」「ヤングエース」「ガンダムエース」の3誌、そしてメディアミックスの「コンプエース」「コンプティーク」の2誌のサイトをリニューアルし統合したものだ。
サイトデザインをより見やすく、作品情報も詳しく届ける。マンガやアニメなどに興味のあるユーザーはワンストップで情報を得られる。

一方、「ヤングエースUP」は「ヤングエース」の兄弟誌との位置づけだ。ウェブマンガ雑誌として、魅力たっぷりの作品を送り届ける。
創刊にあたっては目玉作品も集めた。マンガは2016年4月からのテレビアニメ化が話題の『文豪ストレイドッグス』からスピンアウトした『文豪ストレイドッグス わん!』、イラスト投稿サイト「pixiv」で人気の『五十嵐くんと中原くん』が注目されそうだ。さらに巨大小説投稿サイト「小説家になろう」で人気の2つの作品をコミカライズする。『蜘蛛ですが、なにか?』『公爵令嬢の嗜み』である。

KADKAWAでは、コンテンツのデジタルでの提供を積極的に進めている。「webエース」や「ヤングエースUP」も、そのひとつ。ますます便利になるKADOKAWAのエンタメコンテンツに注目だ。

webエース https://web-ace.jp/
ヤングエースUP https://web-ace.jp/youngaceup/

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

関連ニュース

特集