ミュージカル「ハートの国のアリス」 ヒロイン・アリスの巻き込まれ型アドベンチャー物語

連載・コラム

ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • ミュージカル『ハートの国のアリス』(C) QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
連載第104回 高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義 
[取材・構成: 高浩美]

■ 『不思議の国のアリス』をモチーフにした乙女ゲーム作品『ハートの国のアリス』は本家以上にシュール、かつバイオレンスな世界

『ハートの国のアリス』が舞台化。2007年2月14日にQuinRoseから発売されたパソコン用恋愛アドベンチャーゲームだ。『不思議の国のアリス』をモチーフにした乙女ゲーム作品シリーズの第1作目である。マンガ、小説、アニメ映画、ドラマCDとマルチ展開しているコンテンツだ。

よく知られているキャラクター・アリスが主人公。”本家”の物語、アリスはうさぎを追いかけて不思議の国に迷い込み冒険をする。この名作をモチーフにしたゲーム、古くは1984年のマイクロキャビンの『不思議の国のアリス』、ナムコの『メルヘンメイズ』(1988年)、フェイスの『不思議の国のアリス』等、かなりのゲームが発売された。そして、この『ハートの国のアリス』である。
基本的に女性向けのゲームなので、おなじみの帽子屋、チェシャ猫、三日月ウサギ等、皆イケメンキャラに。その上、本家の『不思議の国のアリス』よりさらにシュール。
昼寝をしていたアリスはペーター・ホワイトによって不思議な国、ハートの国に連れられてしまう。住人は皆、何かしら武器を携帯、すぐに銃撃戦にあるというなんとも物騒。しかもおも立った登場人物は皆、すぐに乱闘騒ぎを起こす、殺し合いをする……。それに領地争いもしており、帽子屋(マフィア)・ハートの女王・遊園地が対立、もう”戦国時代”な不思議、かつ危険きわまりない世界だ。
ペーターからハートの小瓶に入った謎の薬を飲まされて、元の世界に帰れなくなってしまうアリス。ゲームのルールに従い、行動を開始する、というかするしかない、という状況。ハートの国の住人と交流するうちにある感情が起こる。それは果たして……、というもの。

ヒロインのアリスを演じるのは松本妃代。ミュージカル『AMNESIA 』で健闘、今回の舞台の主人公に抜擢された期待の星だ。そして相手役に合わせた7つのマルチエンディングを用意する。
その相手役7人、演じるは吉岡佑(ブラッド=デュプレ (Blood Dupre))、磯貝龍虎(エリオット=マーチ (Elliot March))、尾関陸(ペーター=ホワイト (Peter White))、碕理人(エース (Ace))、小西成弥(ボリス=エレイ (Boris Airay))、成松慶彦(ユリウス=モンレー (Julius Monrey))、高崎俊吾(ナイトメア=ゴットシャルク (Nightmare Gottschalk))。さて、どんな物語になるのか、7つのストーリー、なんとも欲張りな企画である。
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集