ガンガンONLINEが放つ新連載「イヌカイ×トライヴ」の編集者、新進気鋭のロックバンド「感覚ピエロ」とコラボした理由を語る

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
京都の立命館大学で、1月19日、スクウェアエニックス『ガンガンONLINE』の2015年新連載第一弾、「イヌカイ×トライヴ」に関する講演が行われ、担当編集者の花田健太朗氏と、同作用プロモーションビデオ(以下、PV)を監督した太田大貴氏が登壇し、「イヌカイ×トライヴ」と新進気鋭のロックバンド、感覚ピエロとのコラボレーションの背景について語った。

「イヌカイ×トライヴ」は、「デビルサマナー葛葉ライドウコドクノマレビト」(以下、「コドクノマレビト」)で作画と脚本を担当した綾村切人氏(コミック)と原田 庵十氏(原作)が再びタッグを組んで望む最新作。魑魅魍魎の血統を受け継き、世界の中で暗躍する存在『狗属』が引き起こす怪事件を、同じ狗属の力を持って解決する国家公認機関『犬養部』に属する個性豊かな面々を描きだす群像劇だ。
1月に第1話が配信されたが、その前にプロローグとして第0話が配信されているので、連載としては第二回目まで進んでいる。ガンガンONLINEでは、今回、同作も含め日本の魑魅魍魎や妖怪をテーマにした作品を集中連載している。昨今の妖怪ブームを睨みつつ、マンガとしての新機軸を打ち出す形だ。

中でもユニークだったのが、プロモーション展開。新連載告知映像はウェブでよく流れるが、「イヌカイ×トライヴ」は、いきなり新進気鋭のロックバンド感覚ピエロとのコラボレーションを実現。作品紹介ビデオを「She say O.K.」に乗せた軽快且つ魅惑的な雰囲気につくりあげた。
作品をプロモーションするにあたって、花田氏は、作家の在住地域や、作品がモチーフとしている舞台、そして編集として参加している同氏も関西出身の大学であったことから「関西」に注目。そこで、花田氏の後輩で現在、ミュージックビデオなどの監督をしている映像作家の太田氏に相談したところ、感覚ピエロとのコラボレーションにつながっていったのだという。
同バンドは、現在、東京、名古屋など主要都市にツアーを組む程のアーティストだが、もともとの活動拠点は関西。太田氏とのこれまでの関係もあって、オファーに快諾してくれたという。これで「共に関西発として一緒に盛り上げていく」というビジョンが明確になったと花田氏。
PV作成にあたっては、「感覚ピエロの楽曲をバックに、MAD動画的なプロモーションビデオを作ってほしい」とオーダーしたとのこと。これについては、「オファーを受けたとき、最初にありとあらゆるMAD動画をひたすら見続けた」と太田氏。ただMAD動画の技術的奥深さにもすぐに気づき、それが一夜漬けなどで何とか出来るものではないとすぐに悟ったという。
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集