「楽園追放」満員回続出で好調発進、劇場限定版ブルーレイが早くも完売 | アニメ!アニメ!

「楽園追放」満員回続出で好調発進、劇場限定版ブルーレイが早くも完売

ニュース

(C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
11月15日に全国13館で劇場公開となった『楽園追放- Expelled from Paradise-』が、スマッシュヒットのスタートを切った。配給のティ・ジョイ(協力:東映)の発表によれば、公開最初の週の週末2日間11月15日、16日の興行収入は2919万4600円、動員数は1万7274名とこの規模の公開作品としては異例のヒットとなった。
なかでもメイン館となった新宿バルト9ではとりわけ多くのファンが訪れた。15日は朝から満席となり、深夜帯以外の上映が全て満席となり、その勢いは16日にも引き継がれた。前評判の高さが、作品への関心を高めたようだ。

この数字は同じティ・ジョイが10館前後で公開してヒットと作となった『HK 変態仮面』や『攻殻機動隊S.A.C SSS 3D』の初動を上回る。『HK 変態仮面』は13スクリーンで公開初週末2日間の興収は1628万円、動員1万117名、『攻殻機動隊S.A.C SSS 3D』は9スクリーンで興収2266万円、動員1万1423名である。
これらの数字を大きく超える『楽園追放- Expelled from Paradise-』は、興収で1億円を大きく超えてくる可能性が高い。今後の展開が期待される。

作品のヒットを受けて、劇場で物販も好調のようだ。本作の公式twitter、Facebookによれば、劇場でのみの販売とされた劇場限定版Blu‐rayが、土日の2日間で完売となったようだ。ハイクオリティ、ムック本仕様と話題を呼ぶパンフレットも売れ行き好調で、手に入れたファンは在庫の状況に注意をしたいところだ。

『楽園追放- Expelled from Paradise-』は、原作をニトロプラス/東映アニメーション、脚本を虚淵玄(ニトロプラス)、監督を水島精二、演出を京田知己が手がける話題作。豪華なスタッフに加えて、全編フルCGのアニメ映像も注目されている。
東映アニメが届けるオリジナル長編アニメは、2014年の話題の1本となっている。

『楽園追放- Expelled from Paradise-』
新宿バルト9ほか 全国上映中
http://rakuen-tsuiho.com/

『楽園追放- Expelled from Paradise-』
(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言 画像 「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言
  • 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー後編 「人の死なない話にしようね」 画像 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー後編 「人の死なない話にしようね」

特集