「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言 | アニメ!アニメ!

「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言

イベント・レポート

「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言
  • 「楽園追放」初日舞台挨拶、水島精二監督、脚本・虚淵玄が力強く代表作宣言
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
  • (C) 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
11月15日、東映アニメーションが届けるフルCGの劇場アニメ『楽園追放 Expelled from Paradise』がついに初日を迎えた。完全オリジナルの長編作、グラフィニカによるセルスタイルのCGアニメと公開前より
何かと話題の多い作品だ。
上映初日となった15日には、東京・新宿バルト9にてスタッフ、キャストが登壇する舞台挨拶も行われた。アンジェラ役の釘宮理恵さん、ディンゴ役の三木眞一郎さん、フォロンティアセッター役の神谷浩史さん、主題歌を歌ったELISAさん、そして水島精二監督である。
さらに当日は登壇を予定していなかった脚本の虚淵玄さんが急遽かけつけ挨拶をする場面も。本作に対する思い入れの大きさを感じさせた。

そうした思いは水島監督も同じようだ。「自分のキャリアの中でも本当に間違いなく代表作になったと自負しています」と力強く語った。
また作品について、「現状の3DCG、セルルックのアニメーションでは、本当に今最高峰の技術を集めた作品」「エポックな作品」「音楽、SE、声という音の要素も自分の作品の中でも本当に今まで一番ベストな作品が作れたと思ってる」と強い自信をみせ、「ぜひ長く愛してくれたら嬉しいなと思ってます。」と挨拶した。

飛び入り参加の虚淵玄さんも、「テレビ作品の映画化というのは、まだ何とか経験あったんですけど、ゼロから劇場で公開される作品というは初めての経験なので、これは凄い僕の節目になる作品だなとそれが今日から始まると思うと気持ちが高ぶります。」と話した。
また「これからいろんな所で言える作品がようやく手に入ったとうのは本当に嬉しく思っております。」と代表作宣言。上映された作品に対する評判も、すでにかなり高い。水島監督、虚淵玄さんにとってだけでなく、日本のアニメ史においても代表作のひとつと言っていいのでないだろうか。

そんな作品に対して釘宮さんは、「初めてお話を伺ったときから、随分経ったので、ようやく我が子を贈り出せるようなホッとした気持ちもありますし、それまでの時間が長かったような、短かったような不思議な気持ちです」と初日を迎えた気持ちを表した。
一方、三木さんも「やっと多くの人に見て頂ける場に辿りつけたんだと思うと嬉しいですね」と。これまでほとんど詳細が語られていない謎の存在フロンティアセッターを演じた神谷さんは、最初シナリオを読んだときに非常に難しい話に見え、これが一体どういう風に皆さんに受け入れられるのだろうかと感じたと話した。

ELISAさんだが歌う主題歌「EONIAN-イオニアン」は、ストーリーのなかで重要な位置を占める。劇中でキャラクターが歌うシーンもある。これについてELISAさんは「実際に作品を見たときに三木さんが歌ってらっしゃったり、エンディングのほうでフロンティアセッター君が歌ってらっしゃったりとか本当に嬉しくて、その場面場面で涙がでました。」と話した。
日本を代表するトップクリエイターの水島精二監督と虚淵玄、最先端のCG映像、魅力的なキャスト、とびっきりの音楽。これらがひとつのバランスのうえに見事の花開いた作品が、『楽園追放 Expelled from Paradise』だ。

『楽園追放 - Expelled from Paradise -』
http://rakuen-tsuiho.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー後編 「人の死なない話にしようね」 画像 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー後編 「人の死なない話にしようね」
  • 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー前編 「なぜ楽園なのか?を考えて欲しい」 画像 水島精二監督×脚本・虚淵玄『楽園追放』インタビュー前編 「なぜ楽園なのか?を考えて欲しい」

特集