2028年、首都・福岡の姿を公開!「攻殻機動隊ARISE」×西日本新聞コラボレーション第2弾 | アニメ!アニメ!

2028年、首都・福岡の姿を公開!「攻殻機動隊ARISE」×西日本新聞コラボレーション第2弾

ニュース

いまから14年後、日本の姿はどうなっているのかだろうか?そんな未来図をアニメ『攻殻機動隊ARISE』を通して描いたイラストが、2014年9月6日の西日本新聞朝刊に掲載された。
2028年の福岡の中心部である天神を描いたオリジナルイラストである。見慣れた天神の街の構図はそのままに、巨大なタワー、街中に行き来するメカが描かれている。そして、イラストの中にある屋台には『攻殻機動隊ARISE』のキャラクター草薙素子とバトー、さらにロジコマがいるのに気付くだろう。

このイラストは2014年9月6日より、『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』の劇場上映がスタートしたのに合わせた大型タイアップ企画として実現した。『攻殻機動隊ARISE』と西日本新聞がコラボレーションする第2弾である。
『攻殻機動隊ARISE』の世界では、2028年の日本の首都は福岡に変わっている。そこで福岡を拠点に九州エリアをカバーする西日本新聞が、物語の中の2028年の福岡の様子をイラストとして実現した。今年6月の2027年の福岡のイラストに続くものである。

イラストは「2028年 攻殻機動隊 首都・福岡の中心地 天神」をテーマに、今回のためにオリジナルデザインで描き下ろされた。新聞見開き2ページでの掲載とインパクトのある大きさが印象的だ。
さらに西日本新聞では、We Love天神協議会、福岡市担当者へのインタビュー記事も掲載している。『攻殻機動隊』を起点に、最先端技術についてや、天神の街づくりの実際の街づくりについて訊いている。アニメ、SFから始まって、読者の関心を科学技術や街に向ける。
さらに今回の特集を九州在住以外の『攻殻機動隊攻殻』ファンにも見て欲しいと、西日本新聞は同社のウェブサイトにて特集ページを展開している。ここではゼンリンの協力で実現した天神の3D映像とコラボ画像を掲載、さらに2028年のニュース、『攻殻機動隊』の好きなキャラクターへの投稿、ポスターのプレゼント、イベント紹介もしている。さらに今回の「2028年 首都・福岡の中心部 天神」の壁紙ダウンロードも実施しており、盛りだくさんだ。

攻殻機動隊×西日本新聞タイアップサイト
/http://www.nishinippon.co.jp/cp/14/koukaku2/
『攻殻機動隊ARSIE』 
/http://kokaku-a.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 2027年の首都・福岡を視覚化!「攻殻機動隊ARISE」と西日本新聞がコラボ 画像 2027年の首都・福岡を視覚化!「攻殻機動隊ARISE」と西日本新聞がコラボ
  • 『攻殻機動隊ARISE border:4』 茅野愛衣さんインタビュー後編 “おじさまが素敵なアニメ” 画像 『攻殻機動隊ARISE border:4』 茅野愛衣さんインタビュー後編 “おじさまが素敵なアニメ”

特集