「Gのレコンギスタ」BD/DVD第1巻は12月25日発売 TV第1話~3話を収録

ニュース

8月23日からいよいよ全国13館の劇場で、『ガンダム Gのレコンギスタ』のイベント上映がスタートした。本作は富野由悠季総監督が手がける15年ぶりのテレビシリーズの新ガンダムとして注目を浴びている。
しかも今回は、テレビアニメとしては異例のリリーススケジュールを組んでいることが話題だ。第1話から第3話をまとめた特別先行版をテレビ放送より1ヵ月以上早く劇場で2週間限定上映、さらにその後に特別先行版を9月30日までdアニメストアで配信する。
テレビ放送は10月からMBSほかの「アニメイズム」枠で放送される。複数のウィンドウを展開ながら、様々なかたちで作品をファンに届ける戦略だ。

アニメ作品を届けるメディア近年は、テレビ、劇場、配信、そしてBlu-rayやDVDなどの映像ソフトだが、これまでこのうち映像ソフトのスケージュールだけ明らかにされていなかった。それが、イベント上映の幕開けと共に、8月23日に発表された。
2014年12月25日にバンダイビジュアルから、Blu-ray 第1巻[特装限定版]とDVD 第1巻[通常版]の2アイテムで発売される。こちらはイベント上映ではなく、テレビ放送に合せたかたちだ。
また収録されるのもテレビ放送版としている。特別先行版は、イベント上映と配信だけのためのまさに“特別”な存在のようだ。

Blu-rayとDVDの商品も、ファンのニーズを念頭に様々なアイデアが盛り込まれている。ひとつは第1巻を3話収録でBlu-ray 6000円(税抜)、DVD3800円として、2巻以降のBlu-raが7800円(税抜)、DVDが5000円(税抜)より価格を抑えていることだ。
さらにBlu-rayをコレクションアイテムの[特装限定版]として特典を満載した一方で、DVDは映像とオーディオコメンタリーに特化して、お手頃価格を実現している。DVD第1巻の店頭価格は、幅広いファンが手を出しやすそうだ。

一方、Blu-ray[特装限定版]は、作品を深く知りたいファンのニーズに応え、相当のボリュームだ。映像特典は「モビルスーツ開発史(仮)」として、G-セルフをはじめとしたR.C.のモビルスーツの開発系譜を解説するという。さらに「特製解説書(仮)」、この特製解説書全9巻分を収納できる専用バインダー(仮)が特典となる。
DVDが全9巻ということからは、『ガンダム Gのレコンギスタ』の放送期間が2クール、約半年であることが分かる。テレビに映像ソフト、たっぷりと新時代のガンダムシリーズを楽しめそうだ。

『ガンダム Gのレコンギスタ』
/http://www.g-reco.net/

『ガンダム Gのレコンギスタ』 Blu-ray 第1巻[特装限定版]
価格: 6,000円(税抜)
発売日: 2014年12月25日(木)
スペック:  約70分/カラー/リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9<1080p High Definition>/ビスタサイズ
[封入特典] 特製解説書(仮)、特製解説書専用バインダー(仮)
[映像特典] モビルスーツ開発史(仮)
[音声特典] スタッフ&キャスト オーディオコメンタリー
[仕様] 特製三方背クリアケース、特殊ジャケット

『ガンダム Gのレコンギスタ』 DVD 第1巻[通常版]
価格: 3800円(税抜)
発売日: 2014年12月25日(木)
スペック: 約70分/カラー/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ
[音声特典] スタッフ&キャスト オーディオコメンタリー
[仕様] 描き下ろしジャケット
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集