安田朗氏インタビュー前編 『ガンダム Gのレコンギスタ』に登場「G-セルフ」はこうして誕生した

インタビュー

ガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季氏を総監督に迎えて、ガンダム新シリーズ『ガンダム Gのレコンギスタ』(以下『G-レコ』)がスタートする。8月23日からまず2週間限定で特別先行版を劇場上映、9月8日よりdアニメストアでその独占配信、そして2014年10月からは満を持してのテレビシリーズが開始する。
富野由悠季総監督が、TVシリーズとしては『∀ガンダム』以来15年ぶりに手がける新作ガンダムとして話題騒然だ。その『G-レコ』の要となるモビルスーツ、主人公ベルリが搭乗する謎のモビルスーツ「G-セルフ」のデザインを手がけたのが、ゲーム、アニメ、イラストなどで多才な活躍を続ける安田朗氏だ。富野総監督とは、『∀ガンダム』のキャラクターデザイン原案でもともに仕事をしている。 
安田朗氏に『G-レコ』「G-セルフ」誕生の秘密、『∀ガンダム』について、そして富野総監督と仕事をすることについてなどを話していただいた。
[取材・構成:数土直志]

『ガンダム Gのレコンギスタ』
/http://www.g-reco.net
□ 『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』
2014年8月23日(土)~9月5日(金)2週間限定公開  
□ TVシリーズ2014年10月よりMBSほかアニメイズム枠にて放送スタート

abesan■ 「G-セルフ」、
デザインのコンセプトは“光ガンダム”


―『ガンダム Gのレコンギスタ』(以下『G-レコ』)の話からお伺いしたいと思います。本作での安田さんのお仕事についてまず教えていただけますか?

安田朗さん(以下安田)
主役メカの「G-セルフ」を担当して、一部のメカの方向性もだしています。

―本作は「ガンダム」シリーズの最新作となりますが、ガンダムというと多くのかたがそれぞれのガンダムのイメージを持っています。それをデザインするときに、安田さん自身のガンダムは、どのようにデザインされようと思いましたか?

安田
富野ガンダムは、そこから新しい発展をするための、ひとつの分岐点となるものであるべきだと思いました。何かを加えていくための元デザインです。肩に加えたりとか、ここからまた進化するための素体的なものになるべきだと思いました。

―そのときに富野監督から、何か具体的なオーダーはあるのでしょうか?

安田 
富野監督は具体的にオーダーしないタイプですね。富野監督が僕が出したものを背負い投げで返して、投げられた僕が立ち上がって(笑)。カウンター系の人なんです。僕は何回も立ち直ってやっていきます。
もしくは富野監督が一回も背負い投げできないものを、「もう出来ました」と決めて出す。そのふたつしかないです。僕は後者ができなかったんです。
それとデザインは富野監督のヒントをもとにやりました。そのヒントは、「フォトン・バッテリー」でした。

―フォトン・バッテリーというのは、どういうものなのでしょうか? 

安田
今回のガンダムは核融合エンジンではなくて、フォトン・バッテリーで動いているんです。フォトン・バッテリーがモビルスーツの中に入っています。『G-レコ』では、ビーナス・グロゥブという謎の場所から軌道エレベータを通してフォトン・バッテリーが送られて来て、それがエネルギー問題を解決しています。
小さな部屋ぐらいのフォトン・バッテリーがあれば街全体が1年ぐらい暮らせる、そんな感じだと思ってください。

―それをモビルスーツが利用すると機動性があがるという発想ですか?

安田 
いや、他のものがないんですよ。核融合エンジンはもう存在してないから。フォトン・バッテリーは、光を物質のなかに閉じ込めて、それをちびちび使うためのシステムだと僕は認識しました。つまり光じゃないですか。そこで次のガンダムは「光ガンダムなんだ」と思い、デザインコンセプトを“光ガンダム”にしました。
では“光ガンダム”に何が必要かというと、要はこの頭にある赤い部分です。光である記号なんですね。そして「G-セルフ」は全体がフォトン装甲というので出来ているらしいんです。そこで僕はこれをインビジブル・チタニウムというふうに決めました。透明装甲です。全体が積層されたディスプレイ装甲です。ディスプレイが何枚も重なっているのがG-セルフの装甲なんです。ディスプレイ装甲ですから、光を全部制御することができます。これ自体が光回路であり、バッテリーであるという感じです。

―エネルギーの心臓部はないんですね。

安田 
はい。フォトン・バッテリーを、たくさん積んでいる。そしてG-セルフは他のモビルスーツよりもでかいフォトン・バッテリーを積んでいる。僕自身ではフォトン・バッテリーは一世代、二世代、三世代というふうにあってと決めて、最高圧縮のフォトン・バッテリーが積まれているのがG-セルフで、ほかの機体とは違うと設定しています。

―斬新な設定ですね。

安田 
いってみれば、富野監督がフォトン・バッテリーを出した時点で、もう新しくなると決まっているわけです。富野監督の役割は、ガンダム世界の中核のオリジナルを作って、それをほかが盛り上がるシステムですよね。
富野ガンダムは、自分たちが楽しんで仕事することによって、色んな人がたくさんの祭りにしやすいんですよ。富野監督がガンダムの中核を作り続けることによって、楽しめる幅が広がるわけです。

fd

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集