ヤマカンの鋭いツッコミに会場が沸いた!AnimeExpo2014トークイベントで

イベント・レポート

米国・ロサンゼルスにて7月3日より開催されているアニメエキスポ2014にて、アニメ監督である山本寛さんのトークイベントが行われた。本イベントには、山本監督の他にもアニメーションプロデューサーである竹内宏彰さんも登壇した。

まずは山本監督がてがけた作品がスライドで紹介された。代表作である『らき☆すた』、『かんなぎ』、『フラクタル』などの作品が映しだされると会場から歓声があがった。
続いて2014年1月に劇場公開の後、テレビアニメが放送された『Wake Up,Girls!』の活動について紹介された。アニメだけでなく、実際のアイドルユニットがアニメと並行して活動をしていることが本作の特徴だ。現在は日本でも毎月ライブを勢力的にこなしているという。5月にアメリカのシカゴでライブを行ったのも話題だ。

また4月に東京・品川のステラボールで行われたWake Up,Girls!の1st Live Tour「素人臭くてごめんね!」と5月にシカゴで行われたライブの貴重なムービーが流された。これに来場者達から大きな歓声があがった。竹内さんによると、シカゴのイベントには日本からのファンも来ており一緒に盛り上がっていたという。
竹内さんが「なぜリアルとアニメを一緒にやろうと思ったのか?」と監督に質問をした。「アニメの中の女の子が三次元に飛び出してきたかのような工夫が出来ないかと考えた」と山本監督がコメント。顔や髪型も、アニメの中に出てきたキャラクターに近づけようと試みたそうだ。

最後は来場者から山本監督へのQ&Aコーナーとなった。「チョココロネはどこから食べるか?」という質問に対し、「チョコが出ている方から食べます。当時スタッフと話したんですけど、皆違うんですよ(笑)」と回答した。これが『らき☆すた』の作品作りに反映されていそうだ。
また「なぜいつもオシャレなスーツなのか?」という質問には、「オシャレに自信がないからです!」と即答。いつも綺麗な格好を心がけているそうだ。
『ラブライブ!』の矢澤にこのコスプレをした女性が質問をしようとすると「あなた、にこにーじゃない!」と鋭いツッコミを入れる山本監督。会場からは大きな笑いが巻き起こった。
最後の質問者の女性のコスプレは、なんとWake Up,Girls!だった。山本監督が選ぶ「ベストQ&A」に選ばれ日本にしかないスペシャルステッカーが手渡されていた。

終始笑いの絶えないトークイベントの最後は、山本監督と竹内さんが来場者と一緒に「Wake Up,Girls!」と叫びイベントを締めくくった。
《山崎浩司》

編集部おすすめの記事

特集