Anime Expo2014「キルラキルSPイベント」チケット完売3500人 藍井エイルが熱唱

イベント・レポート

藍井エイル
  • 藍井エイル
  • 藍井エイル
  • Anime Expo2014
7月3日から6日までの4日間、米国・ロサンゼルス・コンベンション・センターで北米最大の日本アニメ・マンガイベントのアニメエキスポ2014(Anime Expo2014)が開催されている。数多くの作品が集まるイベントだが、2014年に大きな人気を集めたタイトルが『キルラキル』である。
広大な会場のあちらこちらに、『キルラキル』の独特のデザインを身に纏ったコスプレイヤー溢れるほどだった。その勢いは日本と同様、あるいは上回るかもと思わせるほどだ。

そうしたなかで7月4日(現地時間)、会場のメインホールで「Kill la Kill Special Event」が開催された。全体の入場料のほかに35ドルから45ドルのチケットが必要なプレミアイベントにも関わらずチケットは完売、3500人の会場は満員となり『キルラキル』に人気の高さを見せつけた。
イベントは2時間半にも及ぶ長大なものだ。日本からゲストとして訪れた脚本の中島かずきさん、キャラクターデザインのすしおさん、プロデューサーの鳥羽洋典さんらスタッフ、纏流子役の小清水亜美さん、鬼龍院皐月役の柚木涼香さんら声優陣が参加した。作品の楽しいエピソードを紹介した。

そして、目玉のひとつとなったのが、本作のオープニングテーマを担当した藍井エイルさんのスペシャルコラボライブである。およそ1時間近く、『キルラキル』のオープニングテーマ「シリウス」や挿入歌「サンビカ」を含む全9曲を歌い上げた。
この日のために必死に練習したという英語でのMCがファンの心を動かした。さらに『ソードアート・オンラインII』のオープニングテーマで8月リリースされる新曲「IGNITE」を先行披露するなど、かなり貴重なライブとなった。
最後は藍井エイルさんからの「I want to come back soon !」とのメッセージに、会場から大きな歓声が巻き起こった。米国でもその存在感をさらに高めることになりそうだ。

藍井エイルは、2011年にメジャーデビュー。2013年春以降に、海外でのライブ活動を開始している。この間、わずか1年3ヶ月だが、今回で海外ライブは10回目ともなる。さらに7月末にはACG香港への出演が決まっている。まさに世界の藍井エイルを着実に気づいている。今後のさらなる成長と活躍が期待されている。

アニメエキスポ2014(AnimeExpo2014)
/http://www.anime-expo.org/
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集