まどかが!ほむらが! マミが!「まどかマギカ」のキャラクター焼き 幕張新都心に登場

ニュース 話題

2013年12月20日、千葉県幕張に敷地面積約19万2000平方メートル、総面積約12万8000平方メートルの超大型ショッピングモール イオンモール幕張新都心がオープンした。何でも揃うショッピングプレイスと人気となっている。
その一方で、ちょっとコアなポップカルチャー充実ぶりでも注目を集めている。
東映特撮ヒーローの世界観をミュージアム形式で紹介する「東映ヒーローワールド」、ジオン軍オンリーにテーマを絞ったGUNDAM Cafe、乙女ゲームで絶大な支持を誇るオトメイト4タイトルのオンリーショップだ。そのラインナップに多くの人が足を留めるに違いない。

そんなユニークなショップのひとつが、グランドモール3Fのコスパ アジア幕張新都心店内に設けられた「キャラ焼き」の店舗である。キャラ焼きは、いわば現代の人形焼きにあたる。可愛いキャラクターたちを美味しい焼き菓子にする。
「キャラ焼き」イオンモール幕張では、これまでのプレオープンとして人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の”キュウべぇ”のキャラ焼きを発売して、大好評を博してきた。
3月1日から、これにさらに人気のキャラクターが加わる。同じ『魔法少女まどか☆マギカ』から、鹿目まどか、暁美ほむら、美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子の5人の魔法少女たちが可愛い焼き菓子になる。思わず食べるのが勿体なくなるキュートさだ。

とは言っても、味のほうも期待出来るという。外側はカリッと香ばしく、なかはモチっとしっとりした味わいだ。上品な甘さに抑えた。価格は8個入り400円、18個入り800円。イベントの多い場所柄だけに、何かの際に幕張に訪れたたら、足を伸ばしてみるのもいいだろう。

「キャラ焼き」
/http://flairtrust.co.jp/charayaki/
《animeanime》

関連ニュース

特集