ヱヴァンゲリヲンのビジュアルも鮮やか 箱根ご当地ナンバープレート発行 | アニメ!アニメ!

ヱヴァンゲリヲンのビジュアルも鮮やか 箱根ご当地ナンバープレート発行

ニュース 話題

作品の舞台となったことでも知られる神奈川県・箱根町が、人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とサプライズなコラボレーションをする。町が発行するナンバープレートに、エヴァンゲリオンのデザインを持ちいたものを導入する。
2014年3月25日より、町の税務課窓口で交付する。希望者には、既存プレートからの交換も受け付ける。ただし、このエヴァンゲリオンのプレートは、原動機付自転車とミニカー合わせて390枚のみとしている。市内の対象台数は769台(2014年2月14日現在)だが、人気が予想される。

箱根町によれば今回のコレボレーションは、町の主要ポイント仙石原が作中の第3東京市として登場することから実現した。町は箱根独自のナンバープレートを作成することで、観光PRにつなげたいとしている。
これまでも「ヱヴァンゲリヲン 箱根保管マップ」の配布やスタンプラリーの実施など様々なかたちで取り組んできた。今回はそれをさらに進めた驚きのあるものとなった。

気になるデザインもエヴァンゲリオンなら、箱根ならとなっている。富士山、二子山、鳥居、芦ノ湖の箱根らしいシルエットを背景にエヴァンゲリオン初号機がデザインされている。発行車種により塗色を白、黄色、桃色、青の4色になっており、並べてみるだけで壮観である。
交付の手続きなど詳しい内容は、箱根町の公式サイトにて確認出来る。

箱根町 /http://www.town.hakone.kanagawa.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「弱虫ペダル」王者・箱根学園の最新PVが公開 個性豊かなライバル校のメンバーを紹介 画像 「弱虫ペダル」王者・箱根学園の最新PVが公開 個性豊かなライバル校のメンバーを紹介
  • 「夜桜四重奏~ハナノウタ~」10月放送開始 OADはミナカナ箱根編で展開 画像 「夜桜四重奏~ハナノウタ~」10月放送開始 OADはミナカナ箱根編で展開

特集