「まどマギ」から実写映画化 落語「マギカ調べ」ニコニコ超会議で上映

ニュース 話題

人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』から驚愕の企画が生まれた。エンタテイメント企業のドワンゴとその子会社でニコニコ動画を運営するニワンゴは、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』をもとにした落語『マギカ調べ』を実写映画にて製作することを発表した。
主役のまどか役には人気タレントの中川翔子さんを起用、4月28日、29日(日)に幕張メッセで開催される大型イベント「ニコニコ超会議」にて上映される予定だ。話題の多い「ニコニコ超会議」の中でも目玉企画として注目を集めそうだ。

『魔法少女まどか☆マギカ』の実写映画化!と関心を集めることになるが、内容はアニメとはだいぶ異なったものとなる。ひとつは、『マギカ調べ』が落語とされていることである。本編よりインスパイアされたかなり個性的な作品となりそうだ。
脚本は、十三代目冷奴を名乗るニッポン放送の名物アナウンサーの吉田尚記さんが手がける。吉田さんは、『魔法少女まどか☆マギカ』と古典落語の『大工調べ』を組み合わせて、オリジナル作品を創作する。さらに脚色と監督に手塚眞さんが起用されるなど、話題性たっぷりである。

出演陣も大きな話題を提供することになるだろう。まどかの友人のほむら役に西村博之さん、少女たちに魔法少女の契約を与えるキュゥべえ役に実業家の夏野剛さん、さらにお奉行様役にジャーナリストの田原総一朗さんなど、豪華、そして異色過ぎる出演陣が並ぶ。
作品はニコニコ動画による「ニコニコ・ザ・ムービー」の第5弾の位置づけにある。上映時間は15分、幕張メッセ「ニコニコ超会議」内のマギカ調べブースにて、4月28日は14回、4月29日は12回上映される。
また、映画披露に向けて、4月4日からニコニコ生放送にて中川翔子レギュラー番組「しょこたんのユーザー生(公式)」が開始される。『マギカ調べ』とあわせて楽しみたい。

ニコニコ・ザ・ムービー第5弾 「マギカ調べ」
脚本: 十三代目冷奴(ニッポン放送・アナウンサー吉田尚記)
脚色・監督: 手塚眞
[出演]
中川翔子(まどか役)/西村博之(ほむら役)/松嶋初音(さやか役)
Hamar@キラー(マミ役)/夏野剛(キュゥべえ役)/田原総一朗(お奉行様役)

上映場所
幕張メッセ「ニコニコ超会議」内の「マギカ調べブース」にて上映
上映スケジュール:
4月28日(土)11時~18時 14回上映
4月29日(日)11時~18時 12回上映
上映時間:15分

「マギカ調べ」の予告ムービー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17433946
《animeanime》

関連ニュース

特集