映画「プレーンズ」インタビュー プロデューサーが明かす誕生の秘密 | アニメ!アニメ!

映画「プレーンズ」インタビュー プロデューサーが明かす誕生の秘密

インタビュー ビジネス

12月21日に、アニメーション映画『プレーンズ』が全国公開となる。本作は、ディズニーのアニメーションを支える3つのスタジオのひとつディズニートゥーン・スタジオズが制作をした。
ディズニー/ピクサーの大ヒット作『カーズ』シリーズからインスパイアされた楽しい飛行機のキャラクターたちが世界一周レースを繰り広げる夢と冒険満載の作品だ。日本ではクリスマスシーズンに合わせての公開で、子どもから大人まで大きな人気を博しそうだ。

そんな映画の企画は、どのように誕生したのだろうか?本作のプロデューサーであるトレイシー・バルサザール=フリンさんにお話を伺った。

『プレーンズ』
12月21日(土) 2D・3D同時公開
/http://Disney.jp/planes

■ 「プレーンズ」のアイディアは、ラセターが飛行機のなかで閃いた

アニメ!アニメ!(以下AA)
ご自身が『プレーンズ』と関わるきっかけについて教えていただけますか。

トレイシー・バルサザール=フリンさん(以下TB)
私はこれまで13年ぐらいアニメーション業界で働いています。マネジメントが中心で、アニメーション専門です。映画の企画が立ち上がった時から クレイ・ホール監督、脚本家と一緒にやっています。今回は本当に素晴らしい体験でした。

AA
本作はディズニー/ピクサーの大ヒット作『カーズ』から、インスパイアされていると聞きます。それがディズニートゥーン・スタジオズで誕生したのはなぜですか?

TB
ディズニーには、ピクサー、ディズニー・スタジオ、ディズニートゥーン・スタジオズの3つのスタジオがあります。どの映画もそうなのですが、その題材に相応しいスタジオどれかをまず考えます。それと同時に監督の人選を進めます。

ご存知のように本作は空を飛ぶ飛行機のキャラクターで、車のキャララクターである『カーズ』の舞台を空に置き換えたようなところがあります。
そもそもこのアイディアは、『カーズ』の生みの親であるジョン・ラセターのものでした。彼がピクサーからディズニーに向かって飛行機に乗っている時に、「こんどは飛行機のキャラクターでいこう」と思いついたのが始まりです。

AA
そこから作品が動き出したわけですね。

TB
この映画の監督に相応しいのは誰かを考えた時に、クレイ・ホールに白羽の矢が立ちました。ラセターは、クレイ・ホールがパイロット一家の生まれで、彼が飛行機オタクであることを知っていたからです。クレイ・ホールはもともとディズニートゥーン・スタジオズに所属していましたから、そこで制作をすることになりました。

fd

AA
映画で主人公ンのダスティはいくつもの障害を乗り越えて行きます。制作チームが、乗り越えた大きな障害はありますか?

TB
映画制作には常にいくつもの大きな障害がありますよね。まずはスタッフ集めです。そして、今回の映画は専門的な知識が必要でした。そこで様々な分野から専門家を集めて来ました。そのうえで監督のビジョンをいかに映像化するか、どうしたらリアルに置き換えられるかでした。
もちろん時間と予算の制約もあります。それらとの戦いです。
分からないことは、日々みんなの知恵を集めて、解決を目指します。本当に試行錯誤を繰り返しながら進めました。

fd


《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 3人のプロデューサーが語ったスタジオジブリの現在、過去、未来 「夢と狂気の王国」公開記念 画像 3人のプロデューサーが語ったスタジオジブリの現在、過去、未来 「夢と狂気の王国」公開記念
  • 「劇場版 とある魔術の禁書目録」 中山信宏プロデューサー インタビュー シリーズ大人気の裏側 画像 「劇場版 とある魔術の禁書目録」 中山信宏プロデューサー インタビュー シリーズ大人気の裏側

特集