テッドとモノクマがコラボレーション 凶悪過ぎるクマたちが映像ソフト発売でタッグ

ニュース 話題

8月26日、東京・JR池袋駅に、2匹のクマが並ぶ大型広告が登場した。ポスターに描かれているのは、人気のテレビアニメ『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』のモノクマと、映画『テッド』に登場するテディベアのテッドである。
この広告は8月28日に、『ダンガンロンパ』のBlu-rayとDVD第1巻が発売されることを記念した駅ジャックの一環だ。池袋駅には全部で11面のポスターが掲出されるが、そのひとつとなっている。国内観客動員数300万人、興収42億円の大ヒットの『テッド』も7月24日にBDとDVDを発売している。今回は同じクマつながりとして、『ダンガンロンパ』の応援に一役買う。

ポスターは、中央にモノクマとテッドが並び、背景には「クア出没注意!」のロゴが大きく書かれている。さらに左右に両作品からカップルが同じ構図で配置され、コラボレーションをアピールする。
かたや白と黒のポップなぬいぐるみのようなデザインのモノクマ、もうひとつは広い世代に長年愛され続けているテディベアのテッドである。
ぱっと見には可愛らしいコラボレーションに映る。しかし、両作品を知るファンならば、この凶悪過ぎるコンビネーションが分かるに違いない。

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』は、封鎖された学園に閉じ込められた 15 人の生徒たちが卒業を条件にコロシアイ生活を強いられる作品だ。その学園内のコロシアイを仕切るのが謎のクマキャラ“モノクマ”である。可愛いデザインにドラえもん役などで知られる大山のぶ代さんの声で吐かれる強烈なセリフの数々が強い印象を与える。
一方テッドも、性格のひどさでは負けない。人語を解するテディベアと脚光を浴びてから何十年、すっかるすれてしまったテッドは、酒は飲むは、放送禁止用語は連発するは・・・。映画ではそんな世界一ダメな中年テディベア“テッド”と 40 代男子“ジョン”の友情を描く。

コラボポスターに加えて、9月初旬からはコラボCMも登場する。CM内では、国民的声優である大山のぶ代さんがモノクマ役で出演する予定だ。
モノクマが、ソファに座ってポップコーンをほおばりながら『テッド』を鑑賞。「なんて品のない映画なんだ…!」と赤くなりつつも「ぼくはブルーレイ3 枚買うけどね、観賞用と自宅用と、たたき割る用にね!!」とモノクマらしいブラックユーモアを飛ばす。地上波のテレビ放映のほか、公式サイト、YouTube にて公開する。

ダンガンロンパ公式サイト 
/http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/danganronpa/
テッド 公式サイト 
/http://ted-movie.jp/



『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』
ブルーレイ/DVD  8月28日発売スタート 毎月リリース
Blu‐ray 第1巻 <初回生産限定版> 4200円(税込)
DVD 第1巻<初回生産限定版> 3150円(税込)
発売元・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント



『テッド』
ブルーレイ/DVD 発売・レンタル中
俺のモコモコスペシャルBOX 6699円(税込)
ブルーレイ 3800円(税込) DVD 2480円(税込)
発売元・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
《animeanime》

関連ニュース

特集