「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」鑑賞期間延長 8月24日、25日ロビー内一般公開 | アニメ!アニメ!

「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」鑑賞期間延長 8月24日、25日ロビー内一般公開

ニュース 話題

東京・千代田区の小学館ビルの取り壊し、建替えで、現在、同ビルで行われている「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」の鑑賞期間が延長されることになった。
また、8月24日、25日は、ロビー内の一般公開が実施される。多くのマンガ家が参加したプロジェクトにより多くの人が触れることが出来る。

「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」は、小学館ビルの取り壊しで、ビルの別れを目的に、小学館にゆかりの深いマンガ家たちが一階ロビースペースに直筆でイラストを描いたものだ。多数の作家の参加とユニークなラクガキが話題を呼んでいる。
話題を聞きつけて、連日多くのファンがビルを訪れている。そこで小学館は現在、8時半から20時までロビー内に照明を点灯し、外からラクガキを鑑賞し易い配慮をしている。この鑑賞が人気を呼んでおり、小学館は鑑賞期間を当初より長い8月25日まで延期することにした。

さらにこれまでは建物の外から鑑賞のみであったが、8月24日、25日限定で小学館ビルのロビー内も一般公開することにした。もともとラクガキは建物の内側から描かれているため、作家の視点で絵を観ることの出来る貴重な機会となる。
ロビー内一般公開の詳細は、8月20日の夕方に小学館のサイト、「週刊ビッグコミックスピリッツ」の公式ツイッターで発表する予定だ。それまでの問い合わせには、答えられないとしている。
また、8月22日20時以降から翌朝までは、この一般公開のためロビーは外側から覆われる。ロビー内の鑑賞は出来なくなる。

小学館 「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」
/http://www.shogakukan.co.jp/news/detail/_id_539292
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 小学館ビル建替え・取壊し マンガ家たちがイラストで旧社屋に別れを告げる 画像 小学館ビル建替え・取壊し マンガ家たちがイラストで旧社屋に別れを告げる
  • 第14回ドラえもん大賞全国作文コンクール テーマは「びっくり!」 保護者からの作品も募集 画像 第14回ドラえもん大賞全国作文コンクール テーマは「びっくり!」 保護者からの作品も募集

特集