撮影快調「るろうに剣心」 ロケ地・熊本に“くまモン”が応援に駆けつけた

イベント・レポート

「るろうに剣心」メインキャストと クマもん。記念写真
  • 「るろうに剣心」メインキャストと クマもん。記念写真
  •  
興収30億円突破の大ヒット作、映画『るろうに剣心』の続編が2014年夏に登場する。『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』の2部作として全国公開される。
2部作連続公開とあって、その撮影も通常よりも大変そうだ。しかし、スタッフ、キャストとも一丸となり、撮影は快調に進んでいる。

8月初旬からは、熊本県内で大規模なロケーションが行われた。ロケ地となったのは、荒尾市の万田坑、宇城市の旧三角裁判所、山鹿市の八千代座の3か所だ。いずれも国や県の指定を受けた文化遺産でもある。
幕末以後、明治初期という難しい時代の背景を描く貴重な舞台、ロケ地となる。こうした場所から再び、高い評価を受けた映像が飛び出すことになる。

そんな撮影の現場に、ビッグなゲストが応援に駆けつけた。熊本と言えばこのキャラクター“くまモン”である。いまや名実ともに日本一のゆるキャラとなったくまモンが、小野泰輔熊本県副知事と陣中見舞いに訪れた。
そのくまモンは、左頬に十字傷、赤い衣装という“剣心”ファンにもうれしい姿。主演の佐藤健さん、武井咲さん、青木崇高さん、大八木凱斗さんらメインキャスト、大友啓史監督に小玉すいかや桃、梨、葡萄、メロンなどの熊本県の特産品を贈呈した。
真剣な撮影の現場への突然の可愛い訪問者に、キャスト、監督も大興奮、そしてくまモンの動きのキレの良さに、キャスト陣は大盛り上がりとなった。陣中見舞い終了後も、記念撮影を楽しむなど、和気あいあいとした雰囲気に包まれた。
国民的人気の2大キャラクターの競演が実現した一日となった。

『るろうに剣心』
京都大火編 / 伝説の最期編 
2014年夏 2部作連続 超拡大全国ロードショー
/http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集