「るろうに剣心」ハリウッドで大喝采 続編に意欲的な大友監督に「志々雄真実は出るのか?」の質問も | アニメ!アニメ!

「るろうに剣心」ハリウッドで大喝采 続編に意欲的な大友監督に「志々雄真実は出るのか?」の質問も

イベント・レポート 海外イベント

12月14日からロサンゼルスのハリウッドエジプシャンシアターで開催されたLA EigaFest 2012は、ハリウッドに日本映画を定着させることを目的とした映画祭である。昨年から開始されて、今年で第2回目を迎えた。
今回、オープニングを飾ったのは北米プレミアを兼ねた『るろうに剣心』。のっけからの大作に会場が沸いた。

当日会場には、大友啓史監督と相楽左之助を演じた青木崇高さんが訪れた。この現地での熱気を、直接感じた。
大友監督は「15年前、2年間LAに住んでいた時色々な映画館でさまざまな映画をみまくりました。エジプシャンシアターもその一つでした。当時は自分が監督した作品がアメリカの映画館で(しかも映画の聖地、ハリウッドで!)上映されるなんて夢にも思っていなかったので、自分の作品がこの映画の都でかかるのは感慨深いとともに、素直に嬉しく思います」とコメント。

続いて青木さんも「僕も初めてLAに来たのは12年前。当時はバックパッカーの一人旅で、ちょっと日本語がしゃべれる外国人のおじさんに400ドル騙し取られました(笑)。当時は役者になろうとも思っていなかったので、今日こういう形でまたLAに来ることができて、非常に嬉しいです」と喜びを表した。

上映後のセッションで大友監督と青木さんは質問攻めに。
「続編はあるのか?そしてその続編に志々雄真実は出るのか?」という質問に対して、大友監督は「今、色々と考えているので、もう少し待っていてください。アメリカのみんなが応援してくれたら、続編が決まるかも知れません!」答えた。
青木さんも「みなさまの力で左之助をもう一度やらせてください!」と話した。終始興奮の渦に包まれていた2人だった。

映画祭では、このほか『桐島、部活やめるってよ』、『テルマエ・ロマエ』、『へルタースケルター』、『らくごえいが』、『のぼうの城』、『おおかみこどもの雨と雪』などが上映され、12月16日に幕を閉じた。普段日本の映画をスクリーンで観る機会の少ない米国で、その存在感を発揮した。

『るろうに剣心』はシンガポール、香港、台湾などの海外でも劇場公開されている。特にフィリピンにおいては初日5日間で興行収入が1051万ペソ(約2154万円)と日本映画では新記録をマークした。国内では今後、12月26日にブルーレイ&DVDリリース、レンタル/オンデマンド配信を開始する。国内外で続伸する話題作からまだまだ目が離せない。
[真狩祐志]

映画『るろうに剣心』
/http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/



『るろうに剣心』
12月26日(水)ブルーレイ&DVDリリース
レンタル/オンデマンド同時開始
セル発売・販売元: アミューズソフト
レンタル&オンデマンド発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 映画「るろうに剣心」12月26日にBD/DVDリリース コメンタリーにも注目 画像 映画「るろうに剣心」12月26日にBD/DVDリリース コメンタリーにも注目
  • 映画「るろうに剣心」 観客動員200万人突破、興行収入25億円超え  画像 映画「るろうに剣心」 観客動員200万人突破、興行収入25億円超え

特集