「劇場版 まどかマギカ [新編]叛逆の物語」予告編、ストーリー公開 完全新作は“ほむら”に焦点  | アニメ!アニメ!

「劇場版 まどかマギカ [新編]叛逆の物語」予告編、ストーリー公開 完全新作は“ほむら”に焦点 

ニュース 映画/ドラマ

2011年1月からテレビ放映され、一大ムーブメントを巻き起こしたアニメ作品が『魔法少女まどか☆マギカ』だ。その反響の大きさから2012年10月には、『[前編] 始まりの物語』、『[後編] 永遠の物語』の2本の劇場映画が公開され大好評を博した。
そして2013年10月26日、いよいよ3本目の劇場映画がスクリーンに登場する。『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』である。しかも、今回は完全新作であることが告知されており、まだ誰も観たことがないストーリーが展開する。ファンの期待も高まっている。

その気になる映像の一部が、7月16日に明らかにされた。『[新編]叛逆の物語』の予告編が公開された。長さおよそ30秒の予告では、本作の映像が期待どおりの仕上がりになっていることを感じさせるのに十分だ。
そして、そこからは、本作が ほむら にフォーカスしていることが読み取れる。「寂しいのに、悲しいのに、この気持ちを誰にも分かってもらえない」という ほむらのセリフ、そして特報の最後には ほむらの衝撃的なシーンも描かれている。
すでに公開されているポスタービジュアルも、暁美ほむらが一人佇んでいる。添えられたコピーは、「たとえ、世界が滅んでも。」だ。少女の物語は終わっていないらしい。

また、予告編公開に合せて、イントロダクションとストーリー概要も公開された。イントロダクションでは「鹿目まどかは世界を変えた。その後の世界で、魔法少女が見るのは、希望か、絶望か。」と本作が、テレビシリーズ後の世界であることを暗示する。
さらにストーリーでは、「まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらは、彼女の残した世界でひとり戦い続ける。「懐かしいあの笑顔と再びめぐり合うことを夢見て-」」とある。『[新編]叛逆の物語』では、一体何が起きているのだろうか?今回明かされた情報で、謎はますます深まる。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」
2013年10月26日全国ロードショー
配給: ワーナー・ブラザース映画
公式サイト /http://www.madoka-magica.com/puella.html



魔法少女は絶望から救われたのか
“円環の理“に導かれて、少女たちの新たな物語がはじまる

[イントロダクション]
2011年に発表されたオリジナルTVアニメシリーズ「魔法少女まどか☆マギカ」は連綿と続く “魔法少女もの”に一石を投じた。魔法少女たちのかわいらしさとは裏腹に、痛みや絶望をはらんだ世界観や、先の読めないスリリングなストーリー展開は、回を重ねるたびに従来のアニメファンにとどまらず多くのファンを生み出し続けた。やがてBru-ray Disc第1巻はTVアニメシリーズBDパッケージにおける週間販売本数の史上最高記録を樹立し、「第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」大賞ほか数々の映像賞を受賞する、まさしく記録的な作品となったのである。
テレビシリーズをベースに製作された『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編/後編]』を経て、満を持して送り出される『[新編]叛逆の物語』。総監督・新房昭之、脚本・虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案・蒼樹うめ、アニメーションスタジオ・シャフト、そして彼らを中心に多くのメインスタッフが再集結。脚本・作画、全てが完全新作。
鹿目まどかは世界を変えた。その後の世界で、魔法少女が見るのは、希望か、絶望か。

[ストーリー]
鹿目まどか。かつて、幸せな日々をおくっていた平凡な一人の少女が、その身を賭してすべての魔法少女たちを残酷な運命の連鎖から解き放った。
まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらは、彼女の残した世界でひとり戦い続ける。 「懐かしいあの笑顔と再びめぐり合うことを夢見て-」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」第3弾 11月16日フランス公開決定 ジャパンエキスポで発表 画像 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」第3弾 11月16日フランス公開決定 ジャパンエキスポで発表
  • 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」新編 10月26日全国ロードショー発表 画像 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」新編 10月26日全国ロードショー発表

特集