「魔法少女まどか☆マギカ」、米国上映が快調 スクリーン平均で全米2位

ニュース 海外

10月19日から米国で開始した『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』前編・後編の同時上映が快調なスタートを切った。10月19日から21日までの週末3日間の興行で、スクリーンアベレッジで全米2位にランキングされた。
『まどか☆マギカ』のスクリーンアベレッジは1万2468ドルで、『The Sessions』に続く2位となる。スクリーン数は全国5スクリーン、日程も限定されたものだったため3日間の興行収入は6万2430ドルにとどまるが、数ある限定公開作品のなかで抜け出している。週末本作を上映した劇場は、どこもかなりの混雑になったはずだ。

米国での『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』の上映は、9月に発表された本作の世界8ヶ国・地域の劇場上映の一環である。日本では10月6日に公開された“[前編]始まりの物語”、10月13日に公開された“[後編]永遠の物語”を日本のリリース直後に、2本一挙上映をする。
独立系配給会社のELEVEN ARTSが配給、ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、サンフランシスコの5都市がその地域に選ばれた。なかでもDowntown Independentを劇場としたロサンゼルスでは、10月19日から25日までの1週間連日上映、関連グッズも販売され、来場者から人気を集めている。

日本アニメが昔に比べて市場に入りにくくなったとされる米国市場だが、とりわけハードルが高いとされるのが劇場興業だ。2000スクリーンから4000スクリーンを超える全米公開は勿論、近年は、都市部だけの限定公開もほとんど行われない。アニメファン向けの作品の映画上映は、アニメコンベンションや国際映画祭などの一部のイベントに限られているのが現状だ。
そうしたなかで今回『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』の上映の成功は大きな意味がある。まず、日本アニメ映画はお客が入るとの認識が高まれば、より多くの作品、より多くのスクーンでの上映へ広がるかもしれない。小さな一歩ではあるが、これがさらなる前進につながることを期待したいところだ。

北米版 『魔法少女まどか☆マギカ』公式サイト
/http://madokamagicausa.com/
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』(日本)
/http://www.madoka-magica.com/
《animeanime》

関連ニュース

特集