オタク市場、恋愛ゲームとオンラインゲームが3割成長 矢野経済研調べ

ニュース 話題

 矢野経済研究所は15日、国内の「オタク」市場に関する調査を実施、「クール・ジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究 2012」として結果を発表した。調査期間は2012年7月~9月で、事業者および業界団体等を対象に調査を実施した。

 調査対象は、アニメ/漫画(電子コミック含む)/ライトノベル/同人誌/プラモデル/フィギュア/ドール/鉄道模型/アイドル/プロレス/コスプレ衣装/メイド・コスプレ関連サービス(メイド喫茶・居酒屋・マッサージ、コスプレ飲食店、コンセプトカフェ等)/オンラインゲーム/アダルトゲーム/AV(アダルトビデオ・DVD、ダウンロードコンテンツ含む)/恋愛シミュレーションゲーム/ボーイズラブ/ボーカロイド(関連商品含む)/声優関連商品などのコンテンツや物販、サービスとなっている。

 2011年度の「オタク市場」を分野別に見ると、恋愛シミュレーションゲーム市場規模は前年度比30.4%増の146億円、オンラインゲーム市場規模は前年度比29.2%増の3,868億円といずれも前年度比3割増と大幅に拡大した。恋愛シミュレーションゲームは、各事業者がモバイル端末向けにゲームを開発・配信したことにより一般女性ユーザーが増加し、大きく拡大したとのこと。オンラインゲームでも、SNSを通して提供されるカジュアルな「ソーシャルゲーム」の好調により拡大した。ボーカロイド、アイドル、メイド・コスプレ関連サービスは前年度比1割以上の拡大。声優、フィギュア、ライトノベル、電子コミック、コスプレ衣装、ドール、鉄道模型、プラモデル市場は堅調に推移した。

 特筆すべき点として、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や動画共有サイト等により、商品・サービス・コンテンツを提供する事業者側とユーザーとの距離が非常に近くなっていると指摘、代表的な例として、ボーカロイドがあげられている。2011年度のボーカロイド市場規模は前年度比14.5%増の63億円。二次創作が活発に行われて市場が活性化していることや、ボーカロイドキャラクターの人気でさまざまな関連商品が発売されていることから、拡大が続いている。また2011年度のアイドル市場規模は前年度比13.1%増の630億円、2011年度のメイド・コスプレ関連サービス市場規模は前年度比10.8%増の103億円となった。「メイド喫茶」「コスプレ飲食店」ブームの終焉で縮小していたが、2010年度以降「非オタク」である一般層をターゲットとした店舗が好調で、市場は拡大傾向であるとした。

オタク市場、恋愛ゲームとオンラインゲームが3割成長……矢野経済研調べ

《冨岡晶》

関連ニュース

特集