「東京オンリーピック」 劇場公開決定 北京五輪と同日スタート | アニメ!アニメ!

「東京オンリーピック」 劇場公開決定 北京五輪と同日スタート

ニュース 映画/ドラマ

onlypic.jpg 映像クリエイターが集まって、架空のスポーツをテーマに映像作品の競演を行う。そんなユニークな試みで注目を浴びる「東京オンリーピック」が、北京五輪が開幕するその日、8月8日に劇場公開することが決定した。
 会場は新宿バルト9、開催期間もオリンピックと同じ8月24日までとなっている。スポーツの祭典と並行して開催される遊び心溢れた映像の祭典が注目を浴びそうだ。

 「東京オンリーピック」は、『スキージャンプ・ペア』で知られる映像作家の真島理一郎さんを総監督に、国内外の15組の映像作家が参加する。大真面目に、そして楽しく、オンリーピック(「Only」+「Picture」)をテーマに、唯一無二の映像をアニメーション、CG、実写など表現する。
 現在、映像作品として取り上げる公式種目には、スピリチュアルを追求するマラソンの新種目「女子ヘルマラソン」、「サムライ」という言葉をいかにカッコよく叫ぶかを競う競技「男子サムライコール」、家の中で行われるトライアスロン「ホームアスロン」などが挙げられている。
 
 参加クリエイターは総監督の真島理一郎さんをはじめ、神風動画といったスタジオから、谷口崇さんや中尾浩之さんら、映像クリエイターの中ではいずれもその名前がよく知られている。まさに映像界のトップアスリートの趣になっている。
 このクリエイター陣が、それぞれ各自の持ち味を生かした10~15分の競技を制作する。「スポーツ×お笑い」をテーマにしたヴァーチャル・スポーツ競技大会を展開する。
              (C)2008 東京オンリーピック連盟/国際オンリーピック委員会

『東京オンリーピック』
公式HP: /http://www.onlypic.org/
8月8日(金)~8月24日(日)新宿バルト9にて開催(劇場公開)
総監督:真島理一郎    配給:アスミック・エース

【競技委員長:クリエイター】
01 真島理一郎 (「スキージャンプ・ペア」)
02 中尾浩之/P.I.C.S.  (「trainsurfer」/「スチーム係長」)
03 江口カン/KOO-KI (「NIKE COSPLAY篇」)
04 神風動画 (「FREEDOM」OP/ED)
05 五月女ケイ子×細川徹
  (「新しい単位」イラスト/「シティボーイズライブ」脚本・演出)
06  AC部 (「ユーロボーイズ」)
07 古屋雄作 (「スカイフィッシュの捕まえ方」「温厚な上司の怒らせ方」)
08 児玉徹郎 (「RUNNINGMAN」)
09 中野裕之 (「SF・サムライ・フィクション」)
10 谷口崇 (「森の安藤」「茂雄はハンサム」)
11 澤田裕太郎 (「じゅうじん」)
12 筧昌也 (「Sweet Rain 死神の精度」「ロス:タイム:ライフ」)
13 Bill Plympton (「ミュータント・エイリアン」「ガード・ドッグ」) アメリカ代表
14 Richard Fenwick (「USERGUIDES®」) イギリス代表
15 Ignacio Ferreras
(「死神と老婆("How to Cope with Death")」)アルゼンチン代表

【大会関係者:アートディレクター】
田中秀幸(「ウゴウゴ・ルーガ(CX)」CGデザイン)

【大会関係者:ナビゲーター】
茂木淳一(「スキージャンプ・ペア」)

東京オンリーピック連盟
アスミック・エースエンタテインメント/アドネス/キネマ旬報社/ジェネオンエンタテインメント/ソニー・ミュージックエンタテインメント/中央映画貿易/デジタルハリウッド/電通/フェイス/フロンティアワークス/ファンワークス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集