NARUTO 興収1位に初登場 | アニメ!アニメ!

NARUTO 興収1位に初登場

ニュース 映画/ドラマ

 8月6日に公開されたアニメ映画『NARUTO大激突!幻の地底遺跡だってばよ』が週末の映画興行で初登場1位になった。NARUTOの劇場版は昨年の『NARUTO大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!』2作目で、前作も8月の第4週目に公開され興行収入で13億7000万円をあげるヒットとなっている。今回は、公開がお盆前に移ったことで前回を上回る興行を目指していると思われる。
 このほか興行収入ランキングでは、3位に今週で公開4週目になる『ポケットモンスターアドバンスジェネレーション』、8位には同じく6日公開の『金色のガッシュベルメカバルカンの来襲』、9位に公開3週目の『鋼の錬金術師シャンバラを征く者』がランクインしている。この結果、日本アニメ4作品と米国の3Dアニメである6位『ロボット』まで入れると上位10作品のうちの半数がアニメ作品といこうとになる。
 こうしたことは、お盆シーズンが子供たちを中心とした娯楽映画シーズンであるといえるだろう。今週末にはドリームワークスの3Dアニメである『マダガスカル』も登場することから、お盆シーズンのアニメ映画の勢いはしばらく続きそうな気配である。
 
 娯楽映画ということで言えば、アニメ以外の残りの作品も2位の『スターウォーズ』、4位『妖怪大戦争』、7位『宇宙戦争』、10位『アイランド』と派手なVFXを駆使したSF作品が並んでいる。もともとこうした作品が興行的に強いとはいえ、最も映画の儲かるシーズンにこうした作品が大規模に公開されることは、映画興行におけるアニメ・SFの存在感の大きさを物語っているといえる。

/NARUTO大激突!幻の地底遺跡だってばよ 
/ポケットモンスターアドバンスジェネレーション 
/<金色のガッシュベルメカバルカンの来襲 
/鋼の錬金術師シャンバラを征く者 
/ロボット 
/マダガスカル
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集